自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

京都で考えた

京都で考えた

吉田篤弘(著)

1,500円+税

判型:四六判上製変形
頁数:128ページ
装丁:クラフト・エヴィング商會
発刊:2017年10月20日
ISBN:978-4-903908-99-1 C0095

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

答えはいつもふたつある。

吉田篤弘が、京都の街を歩きながら
「本当にそうか?」と考えたこと。

ミシマ社創業十周年記念企画

この街で考えたことを、これまでに何冊かの本に書いてきた。ただ、それらのほとんどは小説だったので、物語のどの部分が京都で考えたことであるかは判らない。いまこうして書き始めたこの本は小説ではなく、京都で考えたことをありのままに書こうという本である。――本文より

著者情報

吉田篤弘(よしだ・あつひろ)

1962年東京生まれ。作家。小説を執筆するかたわら、クラフト・エヴィング商會名義による著作とデザインの仕事も行っている。著書に『つむじ風食堂の夜』『それからはスープのことばかり考えて暮らした』『レインコートを着た犬』『モナ・リザの背中』『電氣ホテル』『ソラシド』『台所のラジオ』『遠くの街に犬の吠える』など多数。

ミシマガ情報

ミシマガでは「今月の特集」で「クラフト・エヴィング商會と私」を更新しています!
クラフト・エヴィング商會と私(1)
クラフト・エヴィング商會と私(2)
クラフト・エヴィング商會と私(3)
クラフト・エヴィング商會と私(4)


代官山蔦屋書店さんでのトークイベントの模様が、ミシマガジンに掲載!
クラフト・エヴィング商會と私 番外編~『京都で考えた』刊行記念トークイベントレポート


書店員の方々の声

代官山蔦屋書店のコンシェルジュ・間室道子さんから書評をいただきました!
⇒「代官山 蔦屋書店コンシェルジュが今注目するのは“土地の記憶”を描く本

 

目次

Ⅰ怪物と忘却
見えない目次
バオローテイ
円卓の騎士
チェシャネコの笑い
地球の外から来た友人

Ⅱ ふたつの怪物
なぜ、地球は回っているのか
答えはいつもふたつある
圏外へ
ひそやかな水の力
冬のスパイ

Ⅲ 中庭の怪物
剥製工場
読まない測量師
言葉の森
本当のこと

スリンク――掌編小説

あとがき

同著者の関連本

    同著者の関連はまだございません

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •