自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

似合わない服

似合わない服

山口ミルコ(著)

1,500円+税

判型:四六判並製
頁数:176ページ
装丁:名久井直子
発刊:2017年8月20日
ISBN:978-4-903908-95-3 C0095

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

会社をやめ、浪費をやめ、肉食をやめ、社交をやめ、
東京を離れ、坊主になり、がんを克服した。
...でも、何かがずっと、おかしかった。

これは、行き場のない私に行き場を与えるための、グルグルを綴った手記である。

20年勤めた会社を退社直後に乳がんの宣告を受け、闘病を終えた著者は思索の旅に出ます。

がん=バブル=資本主義? もしかしてそれらをぜんぶひっくるめて、私たちの着ていた「似合わない服」と呼んでいいのではないかしら?(中略)「似合わない服」は原因であり、結果でもある。「似合わない服」はいっときの「似合う服」であり、自分のところにやってきたそれを、自分から拒むことはなかなかできないのです。――「まとめ」より

旅を終えて、著者が見つけた「これからの服」とは――?

著者情報

山口ミルコ(やまぐち・みるこ)

1965年生まれ。出版社で20年にわたり活躍、さまざまな本をつくる。数々のベストセラーを世に送り出した末、2009年3月に退社。闘病を機に執筆をはじめる。著書に『毛のない生活』(ミシマ社)、『毛の力~ロシア・ファーロードをゆく』(小学館)がある。

ミシマガ情報

『似合わない服』の発刊を記念して、ミシマガで「似合わない服 ミルコの六本木日記リターンズ」を期間限定連載!


目次

1 似合わない服
2 真犯人はどこにいる?
3 五年後、
4 悲しみが病いをつくる
5 つぶつぶたち
6 すべて不要だった
7 ゼロになる
まとめ―これからの服

同著者の関連本

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •