自由が丘のほがらかな出版社

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
«前月 2017年06月 次月»

ブログ内検索

最新記事

最新コメント

最新のトラックバック

カテゴリー別

過去の記事

じみち日記タイトル

3夜連続 『昭和の店に惹かれる理由』発刊記念イベント!
『昭和の店に惹かれる理由』発刊記念イベントを、6月21日から3夜連続、大阪・京都で開催します!



関西を代表する書き手、編集者、そして本屋店主と井川直子さんが
語り合います。店のこと、昭和のこと、東京、大阪、そして京都のこと。
ぜひ足をお運びください。

以下、それぞれのイベントを井川さんからのコメント付きでご紹介します!
ご予約等はイベント名をクリックして特設ページをご確認ください。

●6月21日(水)19:00〜@FOLK old book store(大阪)
昭和の店に惹かれる理由〜大阪編

終了しました!ありがとうございました。

大阪の「昭和」は、東京とは事情が違うはず。
関西発信のピップなカルチャーマガジン『IN/SECTS』編集長の松村貴樹さんと、
「大阪的昭和の店」から「昭和の店が、今、新しいのはなぜか」まで
たっぷりお喋りします。彼らは昭和をどう見ているんだろう?気になる。

●6月22日(木)19:30〜@スタンダードブックストア心斎橋(大阪)
編集は爆発だ!

終了しました!ありがとうございました。

『dancyu』江部拓弥さんと『MeetsRegional』の竹村匡己さん。
二人の編集長と、「雑誌ってなんだろう? いい店って? 酒場って?」をお喋り。
江部さんは現在発売中の7月号が最後のdancyu。
今だから話せること、東京では訊けない話になるだろうなぁ。

●6月23日(金)19:00〜@誠光社(京都)
街をつくる店、店をつくる街


一軒の店が街をつくる、街が店を育てていく、どちらも真理。
京都の街で個性的な書店を営む「誠光社」店主の堀部篤史さんに、
百年つづく店、千年つづく商いがあたりまえの京都で
「昭和の店」はどんなふうに捉えられているのか?を教えてもらいます。訊きたいことがあり過ぎる。


 井川直子(いかわ・なおこ)
1967年、秋田県生まれ。フリーライター。レストラン取材のほか、主に料理人、生産者など「食」と「飲」まわりの人々、店づくりなどの記事を雑誌・新聞等に寄稿。『dancyu』『料理通信』『メトロミニッツ』など連載多数。著書に『僕たち、こうして店をつくりました』(柴田書店)、『シェフを「つづける」ということ』(ミシマ社)などがある。

いづれもご参加お待ちしています!



営業日記 | 08:08 PM | comments (0) | trackback (0) |
数学ブックトーク in 京都 2017 夏 開催のお知らせ


3カ月に1回のお楽しみ、独立研究者・森田真生さんによる「数学ブックトークin京都」を8月6日(日)の夜に開催します。

数学って、生きてくって、なんだ? ということを縦横無尽に語り、掘りさげる、
独立研究者・森田真生さんによるトークライブです。

初参加の方々も、リピーターの方々も、楽しんでいただけること間違いなし。
「自分の世界が広がった!」、「もっと早く出会っていれば…」といった声を参加者の皆さんからたくさんいただいています。
数学がお好きな方はもちろん、「数学が苦手」という方でも楽しめますよ!

森田さんが繰り出す、言葉ではお伝えしきれない
魅力あふれるトークライブをぜひ体感してください。

8月1日には、福音館「たくさんのふしぎ」9月号として、森田さんが本文を担当し、脇阪克二さんがイラストを描かれた絵本『アリになった数学者』が刊行されます。なんでも絵本のおおきなテーマは「1とはなにか?」で、岡潔の思想や、「重々帝網」のヴィジョンなど、これまでもブックトークで取り上げられてきたたくさんの主題が、文章と絵を通して表現されているそう。今回はその絵本や、背景となる数学のお話についても、たっぷりとお話いただけそうです!

森田さんと一緒に、数学の面白さを味わいましょう!

当日はブックトークで紹介する本をはじめ、森田さんの著書や、ミシマ社とのコラボ『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』、そして今年1月に発表された「学ぶこと、生きることが嬉しくなる、楽しくなる選書97冊」リストに載っている書籍も販売!
お申し込みはメール、もしくは恵文社一乗寺店の店頭にて承ります。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

数学ブックトーク in 京都 2017 夏

・日時:2017年8月6日(日)
    開場17:30/開演18:00 (3時間程度)

恵文社一乗寺店 コテージ
〒606-8184 京都市左京区一乗寺払殿町10

・参加費:4000円(学生・ミシマガサポーターの方は3000円)

【お申し込み方法】

event@mishimasha.comまで
件名を「0806数学ブックトーク」とし、
「お名前」「ご職業・年齢」「お電話番号」をご記入のうえ、お送りくださいませ。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
森田真生(もりた・まさお)
1985年東京生まれ。東京大学理学部数学科卒業。現在は京都に拠点をかまえ、独立研究者として活動。全国で「数学の演奏会」をはじめとするライブ活動を行っている。2015年10月、デビュー作『数学する身体』(新潮社)を刊行、第15回 小林秀雄賞を受賞。2016年2月には、編纂を担当した岡潔の選集『数学する人生』(新潮社)が刊行となった。ミシマ社では、数学にまつわる本を紹介しながら、数学を通して「生きること」を掘り下げるトークライブ「数学ブックトーク」を共催。2016年1月には、ライブで手売りすることを元に作られた『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』(ミシマ社)が発刊された。
公式ウェブサイト:http://choreographlife.jp


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

主催:ミシマ社 協力:恵文社cottage
お問い合わせは TEL:075-746-3438(ミシマ社京都オフィス)まで

営業日記 | 11:39 AM | comments (9) | trackback (0) |
【満員御礼】6月27日(火)木村俊介さん×山田ズーニーさんトークイベント @青山ブックセンター本店
本イベントは、ご予約が定員に達しましたため、
受付を終了させていただきました。

たくさんのお申込み、ありがとうございます!


――『インタビュー』刊行記念――
木村俊介さん×山田ズーニーさん
『この時代に「訊く、書く、纏める」ということ。』






20年以上にわたりインタビュアーとして活動しつづけ、延べ千人以上の話を訊き、纏めてきた木村俊介さん。

ほぼ日で17年以上にわたり「おとなの小論文教室。」を毎週連載するなど、文章表現・コミュニケーションについての教育と執筆活動をつづける山田ズーニーさん。

実はこの「おとなの小論文教室。」の連載立ち上げから約7年間、ほぼ日スタッフとして連載担当をしていたのも木村さんです。

ともに「訊く」「書く」「纏める」のプロとして道を究めてきたおふたりには、いったいどのような景色が見えているのでしょうか。

人の声や自分の声に耳を傾けるということ、
思いを言葉にし、纏めるということ、
よく見せるための「作りごと」をどう扱うか……etc.

うかがいたい話は盛りだくさん。

おふたりに、存分に語り合っていただきます。


★開催概要
――――――――――――――――――

【満員御礼】
2017年6月 27日(火)19:15 - 20:45(開場 18:45-)
■会場:青山ブックセンター本店内・大教室
■定員:110名様
■入場料:1,350円(税込)
■ご参加方法:
[1] 青山ブックセンターウェブサイトの「オンライン予約」にて受付。
 http://www.aoyamabc.jp/event/interview/
[2] 本店店頭にてチケット引換券を販売(※6月9日~)。
 ※電話予約は行っておりません。
■受付時間: 10:00 - 22:00
(※受付時間は、お問い合わせ店舗の営業時間内となります。御注意下さい。)

★出演者紹介
――――――――――――――――――

木村俊介(きむら・しゅんすけ)
インタビュアー。1977年、東京都生まれ。著書に『善き書店員』(ミシマ社)、『料理狂』(幻冬舎文庫)、『仕事の話』(文藝春秋)、『漫画編集者』(フィルムアート社)、『変人 埴谷雄高の肖像』(文春文庫)、『物語論』(講談社現代新書)、『「調べる」論』(NHK出版新書)、『仕事の小さな幸福』(日本経済新聞出版社)、聞き書きに『調理場という戦場』(斉須政雄/幻冬舎文庫)、『芸術起業論』(村上隆/幻冬舎)、単行本構成に『西尾維新対談集 本題』(講談社)、『海馬』(池谷裕二・糸井重里/新潮文庫)、『ピーコ伝』(ピーコ/文春文庫PLUS)、『イチロー262のメッセージ』シリーズ(ぴあ)などがある。


山田ズーニー(やまだ・ずーにー)
文章表現インストラクター。想いを言葉に表して人に通じさせる力=「文章表現力」の教育師。全国で表現力育成のワークショップを開き、「書けない人も数時間で見違えるような文章を書く」、「想いが表現できた!」と感動を呼んでいる。出発点はBenesse小論文編集長、高校生の「書く力」の育成に16年携わり、書く前段階の「考える」作業を着実にやれば、だれでも実感ある・伝わる文章が書けることを発見する。2000年フリーランスになり、全国多数の大学・企業で表現教育を展開中。『理解という名の愛がほしい』河出書房新社をはじめ、書くことを通じて自らも表現をしている。表現教育者と表現者の両輪で、人を生かし、自らも生かしていくのがライフワーク。著書『伝わる・揺さぶる!文章を書く』PHP新書は現在48刷のロングセラーとして版を重ね続け、読む人をこう励まし続ける、「あなたには書く力がある。」


★書籍紹介
――――――――――――――――――

『インタビュー』木村俊介 (2,200円+税)

えんえんと、えんえんと、えんえんと、訊く。纏める。

下準備、節度などの基本から依頼の仕方、聞き方などの技術までを網羅。
その上で、「インタビューにはなにができるか」という可能性を探る。

20年にわたり1000人以上の人にインタビューしつづけてきた著者による、はじめてのインタビュー論。

http://mishimasha.com/books/interview.html


みなさまのご参加、お待ちしております*

お知らせ | 10:30 AM | comments (0) | trackback (x) |

ページのトップへ