自由が丘のほがらかな出版社

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
«前月 2017年10月 次月»

ブログ内検索

最新記事

最新コメント

最新のトラックバック

カテゴリー別

過去の記事

じみち日記タイトル

リブロさんで『今日の人生』コラボ帯展開はじまりました!
こんにちは。
今日は珍しく、イベントやフェアのお知らせではありません。

なんとこの度、益田ミリさん『今日の人生』が書店のリブロさんとコラボいたしました。

こちらがその限定帯です。

じゃじゃん!!



よーく見てくださいませ。
なんと左右で3コマ漫画が別物です。

ミリさんが2パターンも描き下ろしてくださいました。


さらにさらに、裏側にはリブロ書店員の方々からのコメント入りです。




それぞれに、思わずうんうんと頷いてしまいます。

全国のリブロ、パルコブックセンター、カルロバにて、
こちらのコラボ帯が巻かれた限定版を販売中です。

ぜひお近くのリブロさんで、お買い求めくださいませ!

◆リブロ - ショップリスト
http://www.libro.jp/shop/

お知らせ | 09:00 AM | comments (0) | trackback (x) |
【イベント】10/5(木)「私」が変われば、世界が変わる? ―構築人類学の可能性― 松村圭一郎×藤原辰史@恵文社一乗寺店 開催します!


松村圭一郎『うしろめたさの人類学』(ミシマ社)
藤原辰史『トラクターの世界史』(中公新書)
刊行を記念して、
若手人文学者として活躍するお二人によるトークイベントを開催します。

エチオピアや中東の都市でフィールドワークを続ける松村圭一郎さん。『うしろめたさの人類学』では、〈構築人類学〉という新しい学問のアプローチによって、「私」と「世界」のつながりを丹念にひもとく力作です。
対談のお相手は、新刊『トラクターの世界史』をはじめ、代表作『ナチスのキッチン』などで世界史の大きな変化に「日常」がひそむことを明示してきた藤原辰史さん。

おなじ京都で学び、同年代の人文学者として親交も深いお二人が、「私」「日常」と「世界」のつながりをどう見ているか、今後新しい世界を構築するにはどうすればいいか、語ります。
白熱のトーク間違いなし。必聴です! ぜひ足をお運びください。

- - - - - - - - - - - - - - - - -

「私」が変われば、世界が変わる?
―構築人類学の可能性―

松村圭一郎×藤原辰史


日 時:2017年10月5日(木)
19時スタート(受付:18時半~)

場 所:恵文社一乗寺店 イベントスペース COTTAGE

参加費:1000円

お申込:event@mishimasha.com まで、件名を「1005イベント」とし、「お名前」「お電話番号」をご記入のうえ、メールをお送りくださいませ。

*当日はお二人の新刊も販売します!

- - - - -

松村圭一郎(まつむら・けいいちろう)
1975年、熊本生まれ。岡山大学大学院社会文化科学研究科准教授。専門は文化人類学。富の所有や分配、貧困と開発援助、海外出稼ぎなどについて研究。著書に『所有と分配の人類学』(世界思想社)、『文化人類学 ブックガイドシリーズ基本の30冊』(人文書院)がある。

藤原辰史(ふじはら・たつし)
1976年北海道生まれ、島根県育ち。京都大学人文科学研究所准教授。専攻は農業思想史、農業技術史。著書に『稲の大東亜共栄圏』(吉川弘文館)、『カブラの冬』(人文書院)、『決定版 ナチスのキッチン』『食べること考えること』(共和国)、『トラクターの世界史』(中公新書)、『戦争と農業』(集英社インターナショナル新書、10月7日発売)などがある。

お知らせ | 08:22 PM | comments (0) | trackback (0) |
【東京】「おなみだぽいぽいと後藤美月装画原画展」開催中です!(8/9~22@青山ブックセンター本店)


青山ブックセンター本店さんで、
後藤美月さんの絵本『おなみだぽいぽい』
原画展がはじまりました。

今作のすべての原画が一堂に会するのは今回が初めて。

切って、貼って、塗って…地層のように重ねられた原画の迫力を、
ぜひ間近でじっくりとご鑑賞ください。





そして今回の展示では、
後藤さんがイラストレーターとしてこれまで
手がけてこられた装画の原画もあわせて展示。

角田光代さん『平凡』(新潮社)や
ジュノ・ディアス『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』 (新潮クレスト・ブックス)など、
9点をご用意しました。

作品ごとの違いを、ぜひご堪能くださいませ。






みなさまのご来場、お待ちしております。


―― おなみだぽいぽいと後藤美月装画原画展 ――

◆会期:2017年8月9日(水)~8月22日(火)
◆営業時間:10:00 ~ 22:00 ※最終日の展示は19:00までになります。ご注意下さい。
◆場所:青山ブックセンター 本店
   東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロア (B2F)
   TEL. 03-5485-5511
   ◎表参道駅B2出口 徒歩7分
   ◎渋谷駅 (東口 / 宮益坂側) 徒歩13分

◆作品紹介:
『おなみだぽいぽい』後藤美月
定価:1,500円+税
装丁:漆原悠一

だから なきました おなかのおくに ある かたまり
ふつふつ ぜんぶ なみだに なるように

うまく言えない、泣きたい気持ちに、そっと寄り添う名作誕生。

じゅぎょうのとき せんせいのいうことわからなくて なみだこぼれそうなときあります。
…わたしのなみだがしみこんだ、ぱんのみみ。それを投げると、トリがキャッチして食べてくれて…。

子どもも大人も、心の奥にしまっていた何かを思い出すストーリーと、斬新で色鮮やかな絵。

数々の書籍の装画を手がける著者が、長年温めつづけた初めての絵本、満を持して発刊。

読者対象 0歳~100歳超



<作品特設ページ>
http://www.mishimaga.com/poipoi/index.html

◆作家紹介:
後藤美月(ごとう・みづき)

1981年、三重県生まれ。
名古屋デザイナー学院卒業後、子どもの本専門店メリーゴーランドに勤務。
その後、イラストレーターを目指し上京する。
書籍装画や新聞挿絵などの仕事を行うかたわら、絵本制作に取り組む。
本作が、初めての自作絵本になる。

後藤美月公式HP
http://www.zukkeenee.com/

お知らせ | 02:29 PM | comments (0) | trackback (x) |

ページのトップへ