自由が丘のほがらかな出版社

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
«前月 2017年06月 次月»

ブログ内検索

最新記事

最新コメント

最新のトラックバック

カテゴリー別

過去の記事

じみち日記タイトル

7月1日(土)~30日(日)「今日の人生展×益田ミリ19歳の日記帳」開催! @渋谷Bunkamura ナディッフ モダン


益田ミリさんのコミックエッセイ『今日の人生』刊行を記念して、渋谷Bunkamura のブックショップ、ナディッフ モダンにて企画展を行います。『今日の人生』の原画・パネル展示の他、今回のために描き下ろした新作漫画も複数展示いたします。また、本企画展では益田ミリさん19歳のときの日記を一部初公開。子ども時代の絵や思い出の品とあわせて、作品世界の背景を感じていただける展示となっています。デザイナー・大島依提亜さんによるブックデザインの一端が垣間見える展示にも注目です。


―― 今日の人生展 × 益田ミリ19歳の日記帳 ――

◆会期:2017年7月1日(土)~7月30日(日)
◆開館時間:
  日~木 10:00 - 20:00
  金・土 10:00 - 21:00
◆場所:ナディッフ・モダン
〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1
TEL. 03-3477-9134
JR山手線「渋谷駅」ハチ公口より、徒歩7分



◆作品紹介:
『今日の人生』益田ミリ(著)
定価:1,500円+税
装丁:大島依提亜

むなしい日も、幸せな日も、おいしいものを食べた日も、永遠の別れが訪れた日も・・・。
2コマで終わる「今日」もあれば、8ページの物語になる「今日」もある。
描き下ろしを加え、「みんなのミシマガジン」の人気連載「今日の人生」4年分が一冊に。



<作品特設ページも開設中>
http://www.mishimaga.com/kyonojinsei-special/index.html

◆作家紹介:
益田ミリ(ますだ・みり)

1969年大阪府生まれ。イラストレーター。
主な著書に、『ほしいものはなんですか?』『みちこさん英語をやりなおす』『そう書いてあった』『脚本版 ほしいものはなんですか?』(以上、ミシマ社)、『週末、森で』(幻冬舎)『お茶の時間』(講談社)、『僕の姉ちゃん』(マガジンハウス)、『沢村さん家のこんな毎日』(文藝春秋)、『せいのめざめ』(共著、河出書房新社)、『泣き虫チエ子さん』シリーズ(集英社)、絵本『はやくはやくっていわないで』(第58 回産経児童出版文化賞受賞)『だいじなだいじなぼくのはこ』『ネコリンピック』『わたしのじてんしゃ』(以上、平澤一平・絵、ミシマ社)、『すーちゃん』シリーズ(幻冬舎)は2012年に映画化された。


お知らせ | 06:36 PM | comments (0) | trackback (x) |
【イベント】7/7(木)緑となかよく暮らす 三浦豊×干潟裕子@ミシマ社の本屋さん 開催します


 


今年3月、ミシマ社より『木のみかた 街を歩こう、森へ行こう』が刊行になった森の案内人・三浦豊さん。
日本全国の森、3000箇所以上もの森を歩き続ける三浦さんの目を通せば、街なかの道路、路地にも自然があふれているのがわかり、なんだかいつもの景色が違って見えてきます。

対して、ラピュタのような緑で覆い尽くされた、植物でもじゃもじゃの家=もじゃハウスを専門にした建築事務所を主宰する干潟裕子さん。
緑と建物の雑誌「House “n” Landscape」まで作ってしまうという、植物愛にあふれた建築家です。

たくさんの木を愛で、そして木とともに生活する2人に、「緑となかよく暮らす」ってどういうことなのか? をはじめ、木のこと、森のこと、存分にお話しいただきます。

- - - - - - - - - - - - - - - - -

緑となかよく暮らす 
三浦豊(森の案内人)×干潟裕子(もじゃハウスプロダクツ)


日 時:2017年7月7日(金)
18:30開場/19:00開演

場 所:ミシマ社の本屋さん
京都市左京区川端通丸太町下る下堤町90-1
京阪神宮丸太町駅より徒歩3分

参加費:1,000円

お申し込み方法:

event@mishimasha.comまで
件名を「0707イベント」とし、
「お名前」「お電話番号」をご記入のうえ、お送りくださいませ。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


三浦豊(みうら・ゆたか)
1977年京都市生まれ。森の案内人、庭師。 日本大学で建築を学んだ後、 庭師になるために京都へ帰郷。2年間の修行を経て、日本中を巡る長い旅に出た。 2010年より「森の案内人」として活動をはじめる。著書に『木のみかた 街を歩こう、森へ行こう』(ミシマ社)。
ホームページ http://www.niwatomori.com


干潟裕子(ひがたゆうこ)
1979年 山口県生まれ。
建築家/ランドスケープアーキテクト/二級建築士/一級造園施工管理技士。京都芸術短期大学ランドスケープデザインコース卒業後、造園コンサル勤務を経て、建築事務所へ転職。
独学で二級建築士取得後、もじゃハウスに人生を捧げる決意を固める。
2012年 もじゃハウスプロダクツ開設
2013年 House"n"Landscape創刊
ホームページ http://mojya-house.com/

お知らせ | 07:59 PM | comments (0) | trackback (0) |
【満員御礼】6月27日(火)木村俊介さん×山田ズーニーさんトークイベント @青山ブックセンター本店
本イベントは、ご予約が定員に達しましたため、
受付を終了させていただきました。

たくさんのお申込み、ありがとうございます!


――『インタビュー』刊行記念――
木村俊介さん×山田ズーニーさん
『この時代に「訊く、書く、纏める」ということ。』






20年以上にわたりインタビュアーとして活動しつづけ、延べ千人以上の話を訊き、纏めてきた木村俊介さん。

ほぼ日で17年以上にわたり「おとなの小論文教室。」を毎週連載するなど、文章表現・コミュニケーションについての教育と執筆活動をつづける山田ズーニーさん。

実はこの「おとなの小論文教室。」の連載立ち上げから約7年間、ほぼ日スタッフとして連載担当をしていたのも木村さんです。

ともに「訊く」「書く」「纏める」のプロとして道を究めてきたおふたりには、いったいどのような景色が見えているのでしょうか。

人の声や自分の声に耳を傾けるということ、
思いを言葉にし、纏めるということ、
よく見せるための「作りごと」をどう扱うか……etc.

うかがいたい話は盛りだくさん。

おふたりに、存分に語り合っていただきます。


★開催概要
――――――――――――――――――

【満員御礼】
2017年6月 27日(火)19:15 - 20:45(開場 18:45-)
■会場:青山ブックセンター本店内・大教室
■定員:110名様
■入場料:1,350円(税込)
■ご参加方法:
[1] 青山ブックセンターウェブサイトの「オンライン予約」にて受付。
 http://www.aoyamabc.jp/event/interview/
[2] 本店店頭にてチケット引換券を販売(※6月9日~)。
 ※電話予約は行っておりません。
■受付時間: 10:00 - 22:00
(※受付時間は、お問い合わせ店舗の営業時間内となります。御注意下さい。)

★出演者紹介
――――――――――――――――――

木村俊介(きむら・しゅんすけ)
インタビュアー。1977年、東京都生まれ。著書に『善き書店員』(ミシマ社)、『料理狂』(幻冬舎文庫)、『仕事の話』(文藝春秋)、『漫画編集者』(フィルムアート社)、『変人 埴谷雄高の肖像』(文春文庫)、『物語論』(講談社現代新書)、『「調べる」論』(NHK出版新書)、『仕事の小さな幸福』(日本経済新聞出版社)、聞き書きに『調理場という戦場』(斉須政雄/幻冬舎文庫)、『芸術起業論』(村上隆/幻冬舎)、単行本構成に『西尾維新対談集 本題』(講談社)、『海馬』(池谷裕二・糸井重里/新潮文庫)、『ピーコ伝』(ピーコ/文春文庫PLUS)、『イチロー262のメッセージ』シリーズ(ぴあ)などがある。


山田ズーニー(やまだ・ずーにー)
文章表現インストラクター。想いを言葉に表して人に通じさせる力=「文章表現力」の教育師。全国で表現力育成のワークショップを開き、「書けない人も数時間で見違えるような文章を書く」、「想いが表現できた!」と感動を呼んでいる。出発点はBenesse小論文編集長、高校生の「書く力」の育成に16年携わり、書く前段階の「考える」作業を着実にやれば、だれでも実感ある・伝わる文章が書けることを発見する。2000年フリーランスになり、全国多数の大学・企業で表現教育を展開中。『理解という名の愛がほしい』河出書房新社をはじめ、書くことを通じて自らも表現をしている。表現教育者と表現者の両輪で、人を生かし、自らも生かしていくのがライフワーク。著書『伝わる・揺さぶる!文章を書く』PHP新書は現在48刷のロングセラーとして版を重ね続け、読む人をこう励まし続ける、「あなたには書く力がある。」


★書籍紹介
――――――――――――――――――

『インタビュー』木村俊介 (2,200円+税)

えんえんと、えんえんと、えんえんと、訊く。纏める。

下準備、節度などの基本から依頼の仕方、聞き方などの技術までを網羅。
その上で、「インタビューにはなにができるか」という可能性を探る。

20年にわたり1000人以上の人にインタビューしつづけてきた著者による、はじめてのインタビュー論。

http://mishimasha.com/books/interview.html


みなさまのご参加、お待ちしております*

お知らせ | 10:30 AM | comments (0) | trackback (x) |

ページのトップへ