自由が丘のほがらかな出版社

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
«前月 2017年06月 次月»

ブログ内検索

最新記事

最新コメント

最新のトラックバック

カテゴリー別

過去の記事

じみち日記タイトル

【満員御礼】6月27日(火)木村俊介さん×山田ズーニーさんトークイベント @青山ブックセンター本店
本イベントは、ご予約が定員に達しましたため、
受付を終了させていただきました。

たくさんのお申込み、ありがとうございます!


――『インタビュー』刊行記念――
木村俊介さん×山田ズーニーさん
『この時代に「訊く、書く、纏める」ということ。』






20年以上にわたりインタビュアーとして活動しつづけ、延べ千人以上の話を訊き、纏めてきた木村俊介さん。

ほぼ日で17年以上にわたり「おとなの小論文教室。」を毎週連載するなど、文章表現・コミュニケーションについての教育と執筆活動をつづける山田ズーニーさん。

実はこの「おとなの小論文教室。」の連載立ち上げから約7年間、ほぼ日スタッフとして連載担当をしていたのも木村さんです。

ともに「訊く」「書く」「纏める」のプロとして道を究めてきたおふたりには、いったいどのような景色が見えているのでしょうか。

人の声や自分の声に耳を傾けるということ、
思いを言葉にし、纏めるということ、
よく見せるための「作りごと」をどう扱うか……etc.

うかがいたい話は盛りだくさん。

おふたりに、存分に語り合っていただきます。


★開催概要
――――――――――――――――――

【満員御礼】
2017年6月 27日(火)19:15 - 20:45(開場 18:45-)
■会場:青山ブックセンター本店内・大教室
■定員:110名様
■入場料:1,350円(税込)
■ご参加方法:
[1] 青山ブックセンターウェブサイトの「オンライン予約」にて受付。
 http://www.aoyamabc.jp/event/interview/
[2] 本店店頭にてチケット引換券を販売(※6月9日~)。
 ※電話予約は行っておりません。
■受付時間: 10:00 - 22:00
(※受付時間は、お問い合わせ店舗の営業時間内となります。御注意下さい。)

★出演者紹介
――――――――――――――――――

木村俊介(きむら・しゅんすけ)
インタビュアー。1977年、東京都生まれ。著書に『善き書店員』(ミシマ社)、『料理狂』(幻冬舎文庫)、『仕事の話』(文藝春秋)、『漫画編集者』(フィルムアート社)、『変人 埴谷雄高の肖像』(文春文庫)、『物語論』(講談社現代新書)、『「調べる」論』(NHK出版新書)、『仕事の小さな幸福』(日本経済新聞出版社)、聞き書きに『調理場という戦場』(斉須政雄/幻冬舎文庫)、『芸術起業論』(村上隆/幻冬舎)、単行本構成に『西尾維新対談集 本題』(講談社)、『海馬』(池谷裕二・糸井重里/新潮文庫)、『ピーコ伝』(ピーコ/文春文庫PLUS)、『イチロー262のメッセージ』シリーズ(ぴあ)などがある。


山田ズーニー(やまだ・ずーにー)
文章表現インストラクター。想いを言葉に表して人に通じさせる力=「文章表現力」の教育師。全国で表現力育成のワークショップを開き、「書けない人も数時間で見違えるような文章を書く」、「想いが表現できた!」と感動を呼んでいる。出発点はBenesse小論文編集長、高校生の「書く力」の育成に16年携わり、書く前段階の「考える」作業を着実にやれば、だれでも実感ある・伝わる文章が書けることを発見する。2000年フリーランスになり、全国多数の大学・企業で表現教育を展開中。『理解という名の愛がほしい』河出書房新社をはじめ、書くことを通じて自らも表現をしている。表現教育者と表現者の両輪で、人を生かし、自らも生かしていくのがライフワーク。著書『伝わる・揺さぶる!文章を書く』PHP新書は現在48刷のロングセラーとして版を重ね続け、読む人をこう励まし続ける、「あなたには書く力がある。」


★書籍紹介
――――――――――――――――――

『インタビュー』木村俊介 (2,200円+税)

えんえんと、えんえんと、えんえんと、訊く。纏める。

下準備、節度などの基本から依頼の仕方、聞き方などの技術までを網羅。
その上で、「インタビューにはなにができるか」という可能性を探る。

20年にわたり1000人以上の人にインタビューしつづけてきた著者による、はじめてのインタビュー論。

http://mishimasha.com/books/interview.html


みなさまのご参加、お待ちしております*

お知らせ | 10:30 AM | comments (0) | trackback (x) |
【イベント】数学ブックトーク in 東京 2017 入梅、開催のお知らせ
大好評、独立研究者・森田真生さんによる「数学ブックトーク」
次回の東京開催、6月11日(日)分の募集を開始します!

「数学ブックトーク」は、数学にまつわる本を紹介しながら、
数学って、生きてくって、なんだ? ということを縦横無尽に語り、掘りさげる、
独立研究者・森田真生さんによるトークライブです。

2014年2月、京都で行われた第1回を皮切りに、
ミシマ社主催にて、東京と京都それぞれ3カ月に一回のペースで開催しています。

トークは1回ごとに完結しているので、この回からの参加でももちろんOK。

数学がお好きな方はもちろん、「数学が苦手」という方でも、
それを吹き飛ばしてしまうなにかに出合えると評判です。

ご参加いただいた方からは、「数学にはじめて興味が湧いた」、
「世界が広がった!」、「中学生のころの自分に聞かせてやりたかった」、
といった声をたくさんいただいています。

初参加の方も、リピーターの方も、楽しんでいただけること間違いなし。

森田さんが繰り出す、言葉ではお伝えしきれない
魅力あふれるトークライブをぜひ体感してください。

森田さんと一緒に、数学の面白さを味わいましょう!

また、会場では当日ご紹介する書籍のほか、森田さんの著書および、
ミシマ社とのコラボブック『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』も販売。
森田さんがこれまでに紹介してきたおすすめ書籍のコーナーもございます。



当日ご購入の方は、講演終了後にサインもいただけますので、
あわせてお楽しみに!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

数学ブックトーク in 東京 2017 入梅

■日時:2017年6月11日(日)13:00~16:15(開場12:30~)
■場所:青山ブックセンター本店内・大教室
■入場料:4,000円(税込)
     ※学生・ミシマガサポーターは3,000円(税込)でご覧頂けます。

■定員:110名様

お申込み方法:
[1] ミシマ社にてメール予約。( event@mishimasha.com
件名を「数学ブックトーク0611」とし、
「お名前」「ご職業・年齢」「お電話番号」をご記入のうえ、お送りくださいませ。

(※「受付完了」のメール返信をしますので、メールの受信設定にご注意ください。)
(※特にauのキャリアメール=ezwebをご利用の方にメール返信が届かない例がございます。ご注意ください。)

[2] 青山ブックセンター本店店頭にて予約。(レジカウンターで承ります)

[3] 青山ブックセンター本店にて電話予約。(TEL: 03-5485-5511)

※ 入場料は、イベント当日に会場入口にてお支払い(現金のみ)となります。
※ 学生の方はイベント当日に学生証をご持参ください。



//////////////////////////////
プロフィール
森田真生(もりた・まさお)
1985年東京生まれ。東京大学理学部数学科卒業。現在は京都に拠点をかまえ、独立研究者として活動。全国で「数学の演奏会」をはじめとするライブ活動を行っている。2015年10月、デビュー作『数学する身体』(新潮社)を刊行、第15回 小林秀雄賞を受賞。2016年2月には、編纂を担当した岡潔の選集『数学する人生』(新潮社)が刊行となった。ミシマ社では、数学にまつわる本を紹介しながら、数学を通して「生きること」を掘り下げるトークライブ「数学ブックトーク」を共催。2016年1月には、ライブで手売りすることを元に作られた『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』(ミシマ社)が発刊された。
公式ウェブサイト→ Choreograph Life
//////////////////////////////

書籍紹介

『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』(ミシマ社)
森田真生著作の本でもなく、通常の雑誌の範疇にも収まらない。
そんな新種の読み物が誕生!

書籍の刊行のほか、web雑誌「みんなのミシマガジン」を運営するなどさまざまな「実験」を繰り返すミシマ社と、イベントなどを共作してきた独立研究者・森田真生。

予測不可能な二者が混じり合い、とけあうと、一体どうなる!?

森田真生氏によるエッセイをはじめ、小田嶋隆、榎本俊二、立川吉笑、池上高志各氏による寄稿&インタビューを収録。

学ぶ喜びを体感する一冊。
数学、そして学問への新たな入り口がここに!

※本書は森田さんのライブ会場での販売がメインです。

2016年1月22日発売
定価:1,800円+税
ミシマ社: http://mishimasha.com/books/morita0.html

--
皆様のお越しをお待ちしております!

■主催:ミシマ社 協力:青山ブックセンター本店
お問い合わせは TEL:03-3724-5616(ミシマ社・自由が丘オフィス)まで


お知らせ | 11:00 AM | comments (2) | trackback (x) |
【365冊限定】益田ミリさん新刊『今日の人生』先行予約中!(特典「今日の一枚」写真プレゼント・著者サイン、コメント付)。予約受付は4月9日まで!


4月20日(木)発売の益田ミリさん新刊コミックエッセイ
『今日の人生』(1,500円+税)刊行を記念して、
365部限定・特典付き名入りサイン本を、
全国16書店にて予約販売いたします!

※ご予約締切:4月9日(日)まで!(各店定数に達し次第終了)




【特典内容】

★特典1:ご予約の新刊『今日の人生』に、益田ミリさんの
     直筆サイン(お客様のお名前入り!)が入ります。
 *ご予約の際に、名入れご希望のお名前を承ります。

★特典2:益田ミリさんが撮った「今日の写真」をプレゼントいたします。
 *写真は365枚すべて別々のもの、あなただけの一枚です。
 *詳細はこちら 『今日の人生』特設ページ



【ご予約方法】

◆受付期間:4月3日(月)~4月9日(日)
*受付は店舗ごとに先着順です。
 各店舗とも定数に達し次第、受付終了となりますのでご了承ください。

*ご予約方法・お受け取り方法は店舗により異なります。
 下記お取扱い店舗リストをご確認の上、各店舗へ直接お問合せください。
 ※TwitterなどSNSでのお申込みは承っておりません。ご了承ください。
*ご予約品は、4月20日(発売日)以降のお渡しとなります。


【ご予約受付店舗(ご予約方法)】

【札幌】札幌弘栄堂書店 パセオ西店
   (店頭・電話のいずれか/TEL:011-213-5520)
【盛岡】さわや書店 フェザン店
   (店頭・電話のいずれか/TEL:019-625-6311)
【仙台】丸善 仙台アエル店
   (店頭のみ)※代金前払いになります。お申込時にレジにてお支払ください。
【東京】東京堂書店 神田神保町店
    (店頭・電話のいずれか/TEL:03-3291-5181)
【東京】三省堂書店 池袋本店
   (電話のみ/TEL:03-6864-8900)
【東京】オリオン書房 ルミネ立川店
   (店頭のみ)※代金前払いになります。お申込時にレジにてお支払ください。
【新潟】萬松堂 古町本店
   (店頭・電話のいずれか/TEL:025-229-2221)
【名古屋】Carlova360 NAGOYA (カルロバ名古屋)
   (店頭・電話のいずれか/TEL:052-264-8526)
【京都】恵文社 一乗寺店
   (店頭・オンラインショップのいずれか)
【京都】ミシマ社の本屋さん
   (店頭・オンラインショップのいずれか)
【大阪】MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
   (店頭・電話のいずれか/TEL:06-6292-7383 )
【姫路】おひさまゆうびん舎
   (店頭・電話のいずれか/TEL:079-288-6597 )
【広島】READAN DEAT
    (店頭・オンラインショップのいずれか)
【福岡】ブックスキューブリック けやき通り店
  (店頭・電話・メール・オンラインショップのいずれか
   TEL:092-711-1180/メール:info@bookskubrick.jp )
【熊本】長崎書店
   (店頭・電話/TEL:096-353-0555)
【沖縄】ちはや書房
   (店頭・電話・メールのいずれか/TEL:098-868-0839 )

 *** *** ***

みなさまのお申込み、お待ちしております*

*「今日の写真」をゲットされた方は、ぜひSNSなどでお写真アップしてくださいませ!( ハッシュタグ ”#今日の人生” )

お知らせ | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

ページのトップへ