自由が丘のほがらかな出版社

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
«前月 2018年09月 次月»

ブログ内検索

最新記事

最新コメント

最新のトラックバック

カテゴリー別

過去の記事

じみち日記タイトル

【緊急告知】12/21(金) 代官山蔦屋書店さんで『<彼女>の撮り方』青山裕企さんスライドトークショー決定!
『<彼女>の撮り方』(ミシマ社)刊行記念
写真家 青山裕企 トーク&サイン会

2012年12月21日(金) / 蔦屋書店2号館 1階 カフェスペース

『<彼女>の撮り方』(ミシマ社)の出版記念イベントとして、
写真家・青山裕企さんのスライドトークショーを行います。

「青山裕企の写真はなぜ、キワドく甘酸っぱいのに、エロ過ぎないのか?」
その技術を初公開!!


『スクールガール・コンプレックス』『思春期』などエロそうでエロくない少しエロい甘酸っぱい写真集から、吉高由里子、指原莉乃、生駒里奈などのトップ女優・アイドルのグラビア、はたまた街の美少女まで。いま、若い子を撮らせたら右に出るものはいないと言われる青山裕企さんですが、実は人見知りのどうしようもない奥手な男子だった――。

〈彼女〉たちを撮る秘訣と自身のヘタレ青春記を初告白したエッセイ『<彼女>の撮り方』(ミシマ社)が話題の青山さんに、自身の青春時代からカメラという武器を手にするまでのエピソード、撮影時の裏話や〈彼女〉をキュートに撮れるテクニックなど、スライドを交えながらお話いただきます!

今回はスターバックスのドリンクを飲みながら楽しんで頂くイベントとなっております。
お客様のご参加を心よりお待ちしております。

【概要/参加方法】
▼日程
 12月21日(金) 19:30~21:00(開場19:00)
▼場所
 代官山 蔦屋書店 2号館1F カフェスペース
▼参加条件
 ・スターバックスのドリンクを当日に1杯ご購入が条件となります。飲みながら観覧して頂けます。
 (会場入口にてドリンクご購入の確認をさせていただきます)
 ・ご予約先着50名様までお席をご用意いたします。
  お電話 (TEL03-3770-2525) 又はご来店(代官山蔦屋書店2号館1F)にて先着順に受付。
  満席時は立見となりますので、ご了承下さい。
 ・サイン会は、イベント受付期間中~当日に、以下の対象書籍を当店にてご購入いただいた方が対象です。(参加整理券をお渡しします。)
  ●エッセイ『<彼女>の撮り方』青山裕企著(税込1,785円)
  ●写真詩集『透明人間 再出発』詩・谷郁雄、写真・青山裕企(税込2,625円)

【プロフィール】



青山裕企(あおやま・ゆうき)
写真家。1978年愛知県名古屋市生まれ。2005年筑波大学卒業。2007年キヤノン写真新世紀優秀賞受賞。まるでモテなかった高校時代を経て、一目惚れした子を追いかけ続けた大学時代にカメラに出会う。2010年に『スクールガール・コンプレックス』(イースト・プレス)、『思春期』(ピエ・ブックス)など女子高校生を撮った写真集が大きな話題を呼ぶ。その後『吉高由里子 UWAKI』(マガジンハウス)、『指原莉乃1stフォトブック「さしこ」』(講談社)などトップ女優・アイドルの写真集を次々に発表。近著に『透明人間 再出発』(詩:谷郁雄、ミシマ社)、『ガールズフォトの撮り方』(誠文堂新光社)、『僕は写真の楽しさを全力で伝えたい!』(星海社新書)、『跳ばずにいられないっ! ソラリーマン・ジャパン・ツアー』(徳間書店)など。
http://yukiao.jp/

【書籍情報】



『<彼女>の撮り方』

妄想男子に吉報!
男子心を知りたい女子に朗報!

18歳~27歳:「ストーカー的青春時代」
28歳~現在 :吉高由里子や街の美少女など「美人を最短距離で撮る日々」
青山裕企に何が起きたか?

一目惚れし、8年間ストーカー的片思いをした〈彼女〉との対談もなぜか収録!

まるでモテなかった高校時代、一目惚れした子を追いかけ続けた(ほぼ妄想の世界を生きていた)大学時代…
それをいかにして克服し、逆手にとって武器として仕事をしているか、書いていこうと思います。
――著者

定価:1,785円(税込)
ISBN:978-4-903908-39-7
発行:ミシマ社
判型:46判並製変型
頁数:224ページ
装丁:尾原史和・川田涼(SOUP DESIGN)
発刊:2012年11月21日



スタバのコーヒーを飲みながら近い距離で青山さんのトークをお楽しみいただけます。
ご予約先着50名様までお席をご用意!
*お電話 (TEL03-3770-2525) 又はご来店(代官山蔦屋書店2号館1F)にて先着順に受付。

皆さまのお越しをお待ちしております!


お知らせ | 01:07 PM | comments (0) | trackback (0) |








http://www.mishimasha.com/jimichi/blog/tb.php/265

ページのトップへ