自由が丘のほがらかな出版社

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
«前月 2019年06月 次月»

ブログ内検索

最新記事

最新コメント

最新のトラックバック

カテゴリー別

過去の記事

じみち日記タイトル

【イベント】11/9(日)・10(月)・11(火) 三島邦弘トークツアーin九州、開催します!
ミシマ社代表・三島邦弘が、自著『失われた感覚を求めて ――地方で出版社をするということ』(朝日新聞出版)の刊行を記念して、九州でトークツアーを敢行いたします!

*開催場所と日程は下記の通りです*

『失われた感覚を求めて』刊行記念
三島邦弘トークツアー in 九州!


◆11/9 (日)18:00~ 【大分】カモシカ書店さん
https://www.facebook.com/kamoshikabooks/photos/a.428616307233385.1073741827.428528733908809/701614359933577/?type=1

◆11/10(月)19:00~ 【熊本】長崎書店さん
http://nagasakishoten.otemo-yan.net/e874609.html

◆11/11(火)19:00~ 【福岡】ブックスキューブリック箱崎店さん
http://www.bookskubrick.jp/about-bk/topics/20141001-2735.html

※各会の詳細とご予約につきましては、各書店のHP(上記URL)よりご確認お願いいたします。
※トーク終了後、サイン会も行います。



あらゆるものが東京に一極集中するなかで、なぜあえて地方に身を移し、活動を始めたのか?
出版不毛の地・城陽(京都)で何を感じ、いま、地方で何を生み出そうとしているのか?
……etc

当日のトークでは、お店の方との会話も交えつつ、ご来場のみなさまとより近くでお話させていただきたいと思います。

九州でお話できるまたとない機会、みなさま奮ってご参加くださいませ*


//////////////////////////////

出演者プロフィール



三島邦弘 みしま・くにひろ

1975年京都生まれ。出版社2社で、単行本の編集を経験したのち、2006年10月、単身で株式会社ミシマ社を設立。2011年に京都府城陽市、2013年に京都市に拠点を移す。「原点回帰」を標榜した出版活動をおこなっている。 内田樹「街場」シリーズ、平川克美『小商いのすすめ』、西村佳哲『いま、地方で生きるということ』、絵本『はやくはやくっていわないで』(作・益田ミリ、絵・平澤一平)などを編集。 著書に『計画と無計画のあいだ』(河出書房新社)がある。

//////////////////////////////

書籍情報



『失われた感覚を求めて ――地方で出版社をするということ』

2006年単身で出版社「ミシマ社」を立ち上げた著者が、自由が丘から京都の城陽に活動拠点を移し、「地方で出版は可能か」「世代論って必要?」など、日々の仕事から生まれる違和感を徹底的に書き尽くす現代進行形の書。

2014年9月19日発売
定価:1,600円+税
朝日新聞出版:http://publications.asahi.com


//////////////////////////////

皆さまのお越しをお待ちしております!


お知らせ | 04:31 PM | comments (0) | trackback (x) |









ページのトップへ