自由が丘のほがらかな出版社

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
«前月 2017年06月 次月»

ブログ内検索

最新記事

最新コメント

最新のトラックバック

カテゴリー別

過去の記事

じみち日記タイトル

【イベント】「新春! 寺子屋ブックトーク 2017 in京都」開催のお知らせ



 3カ月に1回のお楽しみ、独立研究者・森田真生さんによる「数学ブックトーク」ですが、今回はその番外編、新春スペシャルブックトークを開催します!

 新春ブックトークの目玉は、森田さんによる「学ぶこと、生きることが嬉しくなる、楽しくなる選書97冊」のリスト公開! 当日はその中から選りすぐりの「今年読みたいイチオシ本」をご紹介くださります。

 生きることが嬉しくなる本って? そしてなんで、97冊なの? 気になる、気になる…!! 

 場所は三条木屋町の由緒あるお寺、瑞泉寺さん。
 新年のお寺で森田さんのトークを聴いて、気持ちの良い新年を迎えましょう!

 お申し込みはメール、またはお電話にて承ります

※満員御礼のため受付を締め切らせていただきました。たくさんのご参加ありがとうございます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
新春! 寺子屋ブックトーク 2017 in京都

・日時:2017年1月8日(日)
    開場12:30/開演13:00 (3時間程度)

・場所:瑞泉寺(京都市中京区木屋町通り三条下ル石屋町114-1)

・参加費:4000円(学生・ミシマガサポーターの方は3000円)

【お申し込み方法】

●メールでのお申し込み
event@mishimasha.comまで
件名を「0108 新春! 寺子屋ブックトーク」とし、
「お名前」「ご職業・年齢」「お電話番号」をご記入のうえ、お送りくださいませ。

●電話でのお申し込み
075-746-3438まで(ミシマ社京都オフィス)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
森田真生(もりた・まさお)
1985年東京生まれ。東京大学理学部数学科卒業。現在は京都に拠点をかまえ、独立研究者として活動。全国で「数学の演奏会」をはじめとするライブ活動を行っている。2015年10月、デビュー作『数学する身体』(新潮社)を刊行、第15回 小林秀雄賞を受賞。2016年2月には、編纂を担当した岡潔の選集『数学する人生』(新潮社)が刊行となった。ミシマ社では、数学にまつわる本を紹介しながら、数学を通して「生きること」を掘り下げるトークライブ「数学ブックトーク」を共催。2016年1月には、ライブで手売りすることを元に作られた『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』(ミシマ社)が発刊された。
公式ウェブサイト:http://choreographlife.jp


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

主催:ミシマ社 
お問い合わせは TEL:075-746-3438(ミシマ社京都オフィス)まで

営業日記 | 05:17 PM | comments (11) | trackback (0) |
津田一郎先生の「心はすべて数学」に
【時間のない論理は本来の心の働きからは遠く、むしろ論理に時間を入れた推論こそが心の働きに則していることがわかる。】と記している。
二階述語論理の推論から、津田先生の【・・・脳の離散性が、推論の離散時間を物理的に裏づけているのかもしれません。】とのことを『数学の基底の風景』として見えてくる。
離散数(有理数)の多変数創発関数論からの推論の帰結から、生得のスービタイズの数の【1】・【2】・【3】の表象が、カオスの中から差分(微分)的に秩序付け・順序付け(システム化)されたものを推論できる。
さすれば、方程式(ロジステック写像)による数のカオスの現象も『数学の基底の風景』からすればむべなるもの。
津田先生の【数学は心だ】【心は
| 1729 akayama | URL | 2016/12/22 11:56 AM | aEW/TYeU |

 津田先生の【数学は心だ】【心は数学だ】が【・・・私の脳が、他者の心を表現し得た・・・】が宇宙原理・人間原理へと進めるように示唆していよう。
| 1729 akayama | URL | 2016/12/22 11:58 AM | aEW/TYeU |

 森田真生先生は、【比(ratio)】が大切と新春ブックトークで語っている。
      『 アスペクト 知らずもがなや 比は自然 』
に通ずるものがあると、パースのアブダクション的なものを予感する。
 フリッツ=アルバート・ポップが『意識とはコヒーレントな光である』やフランク・ウイルチエック著の「物質のすべては光(現代物理学が明かす、力と質量の起源)」など・・・。
 森田真生先生の『 考える、ゆえにわれらあり 』のもと、言葉で表現する文脈のアスペクトな思考が【光】を基にする【比(ratio)】の世界に誘っていると感じる。
 そして、それが数学的な思考にも、アブダクションできるようだ。
| 1729 akayama | URL | 2017/01/11 05:37 AM | awASOE5. |

 ノ・ジェス著の 「宇宙一美しい奇跡の数式 0=∞=1」の内容を離散的有理数の組み合わせの多変数創発関数論などを駆使して、より数学的思考の記述での著述を待望して止まない。
 特に、数学的対称性が、比喩として普遍かどうかは保障できないが、『真の寝返り』に見えてくる真理・・・。
 このところを森田真生先生の切り口で存分にお願いしたい。
| 1729 akayama | URL | 2017/01/11 05:41 AM | awASOE5. |

 今メディアで話題の「天下り」の数学用語として、新春ブックトークの97冊中の97(素数)番の選に、佐藤文広著『数学ビギナーズマニュアル』に【天下り的に】がある。

 【天下り的に】、区間 (0,1]に順序(自然)数からなる分数(有理数)を変数【一次元の数体】として【二次元の数体】と【三次元の数体】のそれぞれの代数式の係数の関係を考えたとする。

 【命題Ⅰ】 この二つの係数(有理数)の和が【1】に生るとする。
        数【1】は、【二次元の数体】と【三次元の数体】のそれぞれの          【群】を繋ぐ関手と認知する。
| 1729 akayama | URL | 2017/01/23 06:29 AM | x.93S9ck |

 【命題Ⅱ】 この二つの係数(有理数)の積が【1】に生るとする。
       数【1】は、【一・二・三次元の数体】を同じ数体とする数を発現す        る。
       特に、数【1】は、代数系の環となり、その因数分解としての【1】は        【一・二・三次元の数体】を可換群とする関手と認知する。
       『離散的有理数の組み合わせの多変数創発関数論』を数学的思       考における無限大のトンネルを通過すると表象としての【一・二・三       次元の数】が閉じた可換群と認知できる。
       
| 1729 akayama | URL | 2017/01/23 06:34 AM | x.93S9ck |

        【一次元の数体】と【二次元の数体】の代数式において、【一次元
        の数体】の【1】は、【二次元の数体】に【0】を身体化された意識         (認知)となる。【一・二次元の数体】の数が変化しないことを代数        系は、【一意的】に【一次元の数体】の【1】を【二次元の数体】に         【0】として写像する。   
| 1729 akayama | URL | 2017/01/23 06:38 AM | x.93S9ck |

 市川浩著の『精神としての身体』に「われわれがいわゆる物質的なもの、生命的なもの、心的なものを認識することができるとすれば、それはわれわれの存在自体が、これら三つの次元を統合しているからにほかならない。」とある。
 生命(エネルギー)的に物質(実体)的なものと心的なものを数は、【一・二次元の数体】を【三次元の数体】で次元を統合していることが認知できた。
 そして、時間(四次元)の数は、三次元の数体の立体(宇宙)座標に心的で実体的に極座標を忍び込ませ【三次元の数体】と【四次元の数体】を同様(解析接続)にして取り扱える(可換群)として認知できるのである。 
| 1729 akayama | URL | 2017/01/29 07:19 AM | x.93S9ck |

 これが、生得のスービタイズの【1】・【2】・【3】である。
 特に、【三次元の数体】での次元を統合する認知過程のなかで【0】が、物質(実体)的なものと心的なものを強く結び付ける「惑星思考」で見出される。
| 1729 akayama | URL | 2017/01/29 07:21 AM | x.93S9ck |

 汐文社の『世界でいちばん貧しい国の大統領のスピーチ』の絵本に、「エピクロスやセネカ、そしてアイマラ民族は、【貧乏とは、少ししか持っていないことではなく、かぎりなく多くを必要とし、もっともっとほしがることである。】と記している。
 このことは、市川浩先生の【身体は宇宙を内蔵するという身体と宇宙との幸福な入れ子構造】を念頭に【数】の世界を人類が獲得していく過程で生得のスービタイズの【1】・【2】・【3】は、アイマラ民族らの言葉の主語(貧乏)を【数】に置き換えた思考(身体)と合い通じるものがある。
 【1】・【2】・【3】から【0】への発明(発見?)といった絵本を見出したい。
| 1729 akayama | URL | 2017/02/07 07:00 AM | x.93S9ck |

 なぜなら、グロタンディーク著・辻雄一訳「数学者の孤独な冒険」に「・・・無邪気さ・・・」との表現で「子供の遊戯の中に極度に熱中していて、事柄の発する声にただひとり耳を傾ける瞬間に乗り越えるのです・・・。」との記述が在るからだ。
| 1729 akayama | URL | 2017/02/07 07:03 AM | x.93S9ck |









http://www.mishimasha.com/jimichi/blog/tb.php/463

ページのトップへ