自由が丘のほがらかな出版社

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
«前月 2017年09月 次月»

ブログ内検索

最新記事

最新コメント

最新のトラックバック

カテゴリー別

過去の記事

じみち日記タイトル

上田誠×矢萩多聞 対談『ぼくたちインド人だもん!』 開催します!
 

『ヨーロッパ企画の本』 『たもんのインドだもん』(ともにミシマ社)の刊行を記念したトークイベントを開催します。
ゲストにお迎えするのは幼少期からインドと日本を往復し、現在は京都を拠点に活動される装丁家の矢萩多聞さんと、同じく京都を拠点にした劇団「ヨーロッパ企画」の脚本・演出を手がける上田誠さん。
上田さんは東京で上演する際、田舎者と思われると損なので、自分たちのことを「(ヨーロッパではなく・笑)インド人だ」 と言い聞かせているという説が。一方の矢萩さんは小学生の頃からインドと日本を行き来し、インドにも自宅をもつ生粋の(?)インド人。
お二人の中の「インド」とは一体どのようなものなのでしょうか?また京都で暮らすお二人にとって、京都で生活をするということ、仕事をするということはどんな意味を持つのか?異才二人の初共演!


日 時:2017年1月20日(金) 19:00開演(18:30開場)
会 場:丸善京都本店 地下2階丸善カフェ
    京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251 京都BAL地下
参加費:1000円(1ドリンク付)

【ご予約方法】
お電話(075-253-1599)にてご予約の上、
イベント開始までに地下2階レジカウンターにてチケットをご購入ください。


<出演者紹介>
上田誠(うえだ・まこと)
1979年生まれ、京都府出身。劇作家/演出家/構成作家。
ヨーロッパ企画の代表であり、すべての本公演の脚本・演出を担当。外部の舞台や、映画・ドラマの脚本、テレビやラジオの企画構成も手がける。
2003年以降、OMS戯曲賞にて「冬のユリゲラー」「囲むフォーメーション」「平凡なウェーイ」「Windows5000」がそれぞれ最終候補に。
2010年、構成と脚本で参加したテレビアニメ「四畳半神話大系」が、第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門で大賞受賞。
2012年、ドラマ「ドラゴン青年団」では、シリーズ脚本と一部監督も手がける。

矢萩多聞(やはぎ・たもん)
1980年横浜生まれ。9歳のとき、はじめてネパールを訪れてから、毎年インド・ネパールを旅する。中学1年生で学校に行くのをやめ、ペンによる細密画を描きはじめる。
1995年から、南インドと日本を半年ごとに往復し、銀座、横浜などで個展を開催。2002年、対談本『インド・まるごと多聞典』(春風社)を刊行。このころから本づくりの仕事をはじめ、これまでに400冊を超える本をてがける。
2012年、事務所兼自宅を京都に移転。著書に『偶然の装丁家』(晶文社)がある。



営業日記 | 05:32 PM | comments (0) | trackback (0) |








http://www.mishimasha.com/jimichi/blog/tb.php/466

ページのトップへ