自由が丘のほがらかな出版社

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
«前月 2017年12月 次月»

ブログ内検索

最新記事

最新コメント

最新のトラックバック

カテゴリー別

過去の記事

じみち日記タイトル

【イベント】1/21(日)「数学ブックトーク in 東京 2018 新春~数学と教育の原点~」開催のお知らせ
大好評、独立研究者・森田真生さんによる「数学ブックトーク」
次回の東京開催、2018年1月21日(日)分の募集を開始します!

「数学ブックトーク」は、数学にまつわる本を紹介しながら、
数学って、生きてくって、なんだ? ということを縦横無尽に語り、掘りさげる、
独立研究者・森田真生さんによるトークライブです。

2014年2月、京都で行われた第1回を皮切りに、
ミシマ社主催にて、東京と京都それぞれ3カ月に一回のペースで開催しています。

トークは1回ごとに完結しているので、この回からの参加でももちろんOK。

数学がお好きな方はもちろん、「数学が苦手」という方でも、
それを吹き飛ばしてしまうなにかに出合えると評判です。

今回のテーマは「数学と教育の原点」
10月に刊行された『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 vol.3 「教育×地元」号』では、
森田さん自ら高知県土佐町に赴き、現地で「学びの未来」を切り拓いている
瀬戸昌宣さんとの対談を行っていただきました。

そのときの体験も手がかりにしながら、
森田さんが日々取り組まれている「数学」、そして転換期を迎えている「教育」、
その原点についてお話をお聞かせいただきます!

森田さんが繰り出す、言葉ではお伝えしきれない
魅力あふれるトークライブをぜひ体感してください。

また、会場では当日ご紹介する書籍のほか、森田さんの著書および、
ミシマ社とのコラボブック『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』
森田さんの対談などが収録された『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台』(ミシマ社編)も販売。
森田さんがこれまでに紹介してきたおすすめ書籍のコーナーもございます。

 

当日ご購入の方は、講演終了後にサインもいただけますので、
あわせてお楽しみに!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


数学ブックトーク in 東京 2018 新春
~数学と教育の原点~


■日時:2018年1月21日(日)13:30~16:45(開場13:00~)
    ※前回と開始時間が異なりますのでご注意ください。
■場所:青山ブックセンター本店内・大教室
■入場料:4,000円(税込)
     ※学生・ミシマガサポーターは3,000円(税込)でご覧頂けます。

■定員:110名様

お申込み方法:
[1] ミシマ社にてメール予約。( event@mishimasha.com
件名を「0121数学ブックトーク」とし、
「お名前」「ご職業・年齢」「お電話番号」をご記入のうえ、お送りくださいませ。

(※「受付完了」のメール返信をしますので、メールの受信設定にご注意ください。)
(※特にauのキャリアメール=ezwebをご利用の方にメール返信が届かない例がございます。ご注意ください。)

[2] 青山ブックセンター本店店頭にて予約。(レジカウンターで承ります)

[3] 青山ブックセンター本店にて電話予約。(TEL: 03-5485-5511)

※ 入場料は、イベント当日に会場入口にてお支払い(現金のみ)となります。
※ 学生の方はイベント当日に学生証をご持参ください。



//////////////////////////////
プロフィール
森田真生(もりた・まさお)
1985年東京生まれ。東京大学理学部数学科卒業。現在は京都に拠点をかまえ、独立研究者として活動。全国で「数学の演奏会」をはじめとするライブ活動を行っている。2015年10月、デビュー作『数学する身体』(新潮社)を刊行、第15回 小林秀雄賞を受賞。2016年2月には、編纂を担当した岡潔の選集『数学する人生』(新潮社)が刊行となった。ミシマ社では、数学にまつわる本を紹介しながら、数学を通して「生きること」を掘り下げるトークライブ「数学ブックトーク」を共催。2016年1月には、ライブで手売りすることを元に作られた『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』(ミシマ社)が発刊された。
公式ウェブサイト→ Choreograph Life
//////////////////////////////

書籍紹介

『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』(ミシマ社)
森田真生著作の本でもなく、通常の雑誌の範疇にも収まらない。
そんな新種の読み物が誕生!

書籍の刊行のほか、web雑誌「みんなのミシマガジン」を運営するなどさまざまな「実験」を繰り返すミシマ社と、イベントなどを共作してきた独立研究者・森田真生。

予測不可能な二者が混じり合い、とけあうと、一体どうなる!?

森田真生氏によるエッセイをはじめ、小田嶋隆、榎本俊二、立川吉笑、池上高志各氏による寄稿&インタビューを収録。

学ぶ喜びを体感する一冊。
数学、そして学問への新たな入り口がここに!

※本書は森田さんのライブ会場での販売がメインです。

2016年1月22日発売
定価:1,800円+税
ミシマ社: http://mishimasha.com/books/morita0.html

--
皆様のお越しをお待ちしております!

■主催:ミシマ社 協力:青山ブックセンター本店
お問い合わせは TEL:03-3724-5616(ミシマ社・自由が丘オフィス)まで


お知らせ | 08:44 PM | comments (2) | trackback (x) |
 「2017ユーキャン新語・流行語大賞」に「インスタ映え」と「忖度」が選ばた。
 
 「インスタ映え」ではないが、SNSの検索エンジンで、
     【森田真生 忖度】    【森田真生 カオス】
     【森田真生 包摂】    【森田真生 量化】 ……
など森田真生先生と数学用語等や数学関連人物で検索すると
  「数学ブックトーク 株式会社ミシマ社」に遭遇し「・・・映え」する。 

 「数学共同体」と「万人」の融合として、幻の『ジャーゴン(数の核)』をこの星の至宝とできるかもしれずみんなで「数学ブックトーク」を盛り立てよう。
| 1729 akayama | URL | 2017/12/07 12:29 PM | RAke2x82 |

 「三省堂 辞書を編む人が選ぶ『今年の新語2017』」にも「忖度」が1位となりご褒美も頂けました。

 ニッチ(生態的地位)の【数】を【忖度】する行為は、【量化】であり【ニッチ(生態的地位)を得ている縮約自然数】を手に入れたと見える。

 これから先…【量化】も「三省堂 辞書を編む人が選ぶ」人によって≪新語≫ではない≪落語(おち〔こぼれ〕ことば)≫(漏れ?)なのだが、【量化】を是非とも辞書に編み込んで頂きたい。
| 1729 akayama | URL | 2017/12/15 06:04 AM | R.//Bag6 |










ページのトップへ