自由が丘のほがらかな出版社

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
«前月 2016年10月 次月»

ブログ内検索

最新記事

最新コメント

最新のトラックバック

カテゴリー別

過去の記事

じみち日記タイトル

【11/13(日)開催】光嶋裕介×若松英輔トーク「よむ、かく、たてる――建築と文筆、いかにして生命を宿すか?」@ 本屋B&B(下北沢)
光嶋裕介さん×若松英輔さん
「よむ、かく、たてる――建築と文筆、いかにして生命を宿すか?」@ 本屋B&B(下北沢)

「生命力のある建築」を目指し、国内・海外問わず活躍の場を広げる建築家・光嶋裕介さん。「目に見えない」ものたちへの感受性を研ぎ澄まし、魂の交感を綴る文筆家・若松英輔さん。測定可能なものやその数値ばかりが重視され、ともすると日常生活から人の心や身体が疎外されてしまっているいま、私たちはどうすれば生命力を取り戻すことができるのでしょうか? 建築と文筆、それぞれの分野で活躍するおふたりが、フィールド越えて語り合います。
また、「(スケッチを)描くと建てる」ことを実践されている光嶋さんに対して、「(文章を)読むと書く」ことをライフワークに掲げてこられた若松さん。それぞれの視点から、これらの創作活動について掘り下げていただきます。



◆イベント詳細
――――――――――――――――――――――――――――――――
光嶋裕介×若松英輔
「よむ、かく、たてる ~建築と文筆、いかにして生命を宿すか?~」
『これからの建築 スケッチしながら考えた』(ミシマ社)刊行記念

・日時 2016年11月13日(日)
    19時00分~21時00分 (18時30分 開場)
・場所 本屋B&B
    (世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F)
・入場料 2000円 (チケット1500円 + 1ドリンク500円)


★イベントご予約はコチラから → PassMarket

※ご不明な点は店舗まで直接お問い合わせください → 本屋B&B


<出演者紹介>
◆光嶋裕介(こうしま・ゆうすけ)

建築家。一級建築士。1979年、アメリカ、ニュージャージー州生まれ。8歳までアメリカで育ち、中学卒業まで日本とカナダ、イギリスで過ごす。1995年、単身帰国。2002年、早稲田大学理工学部建築学科を卒業し、大学院は石山修武研究室へ。2004年、大学院修了とともにドイツの建築設計事務所で働き、ベルリンで暮らす。2008年に帰国し、光嶋裕介建築設計事務所を開設。2010年、思想家の内田樹氏の自宅兼道場(合気道)の設計を依頼され、翌2011年、建築家としての処女作、《凱風館(がいふうかん)》を神戸に完成。SDレビュー2011に入選。主な作品に《レッドブル・ジャパン・本社オフィス(青山、2012)》、《如風庵(六甲、2014)》、《旅人庵(京都、2015)》など。著書に『みんなの家。~建築家一年生の初仕事』(アルテスパブリッシング)、『建築武者修行~放課後のベルリン』(イースト・プレス)など多数。2012〜15年まで、首都大学東京にて助教をつとめ、現在は神戸大学にて、客員准教授。


◆若松英輔(わかまつ・えいすけ)

批評家、思想家。1968年、新潟県生まれ。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。「越知保夫とその時代」で第14回三田文学新人賞受賞。著書に、『井筒俊彦―叡知の哲学』『叡智の詩学―小林秀雄と井筒俊彦』(以上、慶應義塾大学出版会)、『魂にふれる―大震災と、生きている死者』(トランスビュー)、『岡倉天心「茶の本」を読む』(岩波現代文庫)、『涙のしずくに洗われて咲きいづるもの』『君の悲しみが美しいから僕は手紙を書いた』(以上、河出書房新社)、『生きる哲学』(文春新書)、『霊性の哲学』(KADOKAWA/角川学芸出版)、『悲しみの秘義』(ナナロク社)、『イエス伝』(中央公論新社)、『生きていくうえで、かけがえのないこと』(亜紀書房)等多数。また共著に『現代の超克 本当の「読む」を取り戻す』(ミシマ社)がある。


お知らせ | 11:18 AM | comments (0) | trackback (x) |
10/26(水)ヨーロッパ企画が売り子はん&サイン会&総選挙@紀伊國屋書店横浜店
『ヨーロッパ企画の本 我々、こういうものです。』刊行記念

売り子はん&サイン会開催!!


ヨーロッパ企画メンバーが紀伊國屋書店横浜店にやってきます!
(※スケジュールのご都合で残念ながら永野宗典さんは今回ご来店されません・・・!)

◆紀伊國屋書店 横浜店 イベント公式ページ



9月17日(土)に発売した新刊『ヨーロッパ企画の本 我々、こういうものです。』(ミシマ社)刊行を記念して、メンバー手売り&サイン会を開催します。

10月27日(木)からは、ヨーロッパ企画 第35回公演「来てけつかるべき新世界」の横浜公演もスタート。
一晩お先に、ヨーロッパ企画のみなさんに会いに来てください!

また当日は、「ヨーロッパ企画★推し本総選挙」と題して、メンバーおすすめの「推し本」を販売いたします。

さて、気になるラインナップはコチラ!

<ヨーロッパ企画選書リスト>
「読んでけつかるべきこの10冊」


●石田剛太
『ガールフレンド』しまおまほ(P-Vine BOOKs)

●上田誠
『K氏の遠吠え 誰も言わんから言うときます。』 江弘毅(ミシマ社)

●酒井善史
『すべてがFになる』森博嗣(講談社文庫)

●角田貴志
『煩悩短編小説』せきしろ、バッファロー吾郎A(幻冬舎)

●諏訪雅
『ハルとミナ』濱田英明(メディア・パル)

●土佐和成
『中沢啓治著作集1 広島カープ誕生物語』(DINO-BOX)

●中川晴樹
『燃えよ剣』司馬遼太郎(新潮文庫)

●永野宗典(※当日ご来店されない為、サインは対象外です。ご了承くださいませ)
『俳優のノート <新装版>』山崎努(文春文庫)

●西村直子
『ファンタジックショップ エルフさんの店』 高柳佐知子(亜紀書房)

●本多力
『いちご同盟』三田誠広(集英社文庫)


以下、紀伊國屋書店横浜店さんよりうれしいお知らせです。

 *** *** ***

当日ご来店いただけない方にも投票のチャンス!
お電話にて、サイン本の代引き発送を承ります
(※永野宗典さんは代引きもサイン対象外となります)。

・ご注文はサイン会前日の10/25(火)20:00まで承ります。

・メンバーの「推し本」と一緒に「ヨーロッパ企画の本」もご注文いただけるお客様が対象となります。
 「ヨーロッパ企画の本」には当日ご来店されない永野宗典さん以外の、全メンバーにサインして頂く予定です。

・サイン入り「推し本」は複数購入可能でございます。ご希望の方はお申し付けくださいませ。

・予定数を上回った場合は品切のご案内となります。予めご了承くださいませ

・購入金額が税込¥5,000以下の場合、別途送料(¥390)と代引き手数料(¥205)を頂戴いたします。
¥5,000以上で送料無料、¥10,000以上で代引き手数料も無料となります。 

・商品はサイン会の翌日以降、順次発送いたします。お届け日時のご希望等はお電話にてお伝えくださいませ。

もっとも多く売れた栄誉ある1冊は、イベント終了後も店頭にて継続販売いたします。ぜひご贔屓のメンバーの推し本にご注目ください!

限定配布のフリーペーパーには、幻のボツ原稿、"ヨーロッパ企画もう一人の作家"こと大歳倫弘さんによる書き下ろし小説も掲載!ぜひ当日、店頭でご入手ください!

みなさまのイベントへのご参加、お待ちしております。



日   時|2016年10月26日(水) 19:00~19:40
会   場|紀伊國屋書店横浜店店内特設会場

参加条件|紀伊國屋書店横浜店で『ヨーロッパ企画の本 我々、こういうものです。』お買い上げの方


本イベントの整理券の配布はございません。上記時間内に会場にお集まりくださいませ
事前に当店でお買上げのお客様はレシートをご提示くださいませ

 *** *** ***


<<ゲスト紹介>>

ヨーロッパ企画(よーろっぱきかく)

劇団であり、企画集団。旗揚げは1998年。一貫してコメディを上演し続けている。
舞台のほかにも映像やイベント、その他活動は多岐にわたる。
表方と裏方がシームレスで、けっこう何でも作ってしまうのが特徴。



注意事項|
・本イベントは整理券の配布はございません。時間内に会場にお集まりください。
・イベントは順番待ちの時間が長くなることがございます。予めご承知おき下さい。
・当店で『ヨーロッパ企画の本 我々こういうものです。』をお買い上げいただいたお客様には「推し本」にもサインしていただけます。
・お客様のご都合や交通機関の遅延によりイベント終了までに間に合わない場合はご参加いただけません。
・係員の指示に従っていただけない場合は、イベントへのご参加をお断りする場合がございます。
・天災などの不測の事態により、イベントを中止する場合がございます。
・イベントが中止された場合は払い戻しは行いませんのでご了承下さい。


<<書籍情報>>
『ヨ-ロッパ企画の本 我々、こういうものです。』
ミシマ社編
ISBN : 9784903908830
価格:¥1,728(本体¥1,600)

お知らせ | 06:59 PM | comments (0) | trackback (x) |
【イベント】寺子屋ミシマ社「天草・雑談編」開催のお知らせ
創業10周年企画、寺子屋ミシマ社を熊本・天草で初開催!
寺子屋ミシマ社とは、「本ができる前」を読者の方々と共有したい。本はできたものを読むだけが楽しみではなく、できる前の「何もない状態」のときから実はおもしろい!そんな思いで開催しているイベントです。編集者だけが独占しているその喜びを体感してください!!
今回の寺子屋では、丸いちゃぶ台を囲んで、ミシマ社創業から10周年を振り返りながらそれぞれの本ができるまでなどお話します。10月下旬発刊予定の「ちゃぶ台 vol.2」の制作秘話もたっぷりお届け!ミシマ社からは代表・三島、営業チーム・池畑、ミシマ社の本屋さん・鳥居が参加します。
出版の話、本の話など、普段思うことを参加者の皆さんに参加いただいてざっくばらんにお話できればと思います。

以下、サポーター永田さん力作のチラシです。


創業10周年企画!
寺子屋ミシマ社「天草・雑談編」
〜いま、出版がおもしろい〜


日時:11月3日(木祝)15:00〜
場所:ギャラリー四季 2階和室
   〒863-0023 熊本県天草市中央新町6−15
   天草本渡中央銀天街 高良寿司となり

参加費:1,500円(お茶・お菓子付き)
    ※学生・ミシマがサポーターの方は1,000円

【お申し込み】
amakusadaitoujiki@gmail.comまで
件名を「寺子屋ミシマ社天草雑談編」とし、お名前、ご住所、お電話番号と、
「一般・学生・サポーター」のいづれかを明記の上お申し込みください。

【お問い合わせ】
電話070-4699-9628(森本)


営業日記 | 11:18 PM | comments (0) | trackback (0) |

ページのトップへ