自由が丘のほがらかな出版社
  • カレンダー

        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30    
    «前月 2020年09月 次月»

    ブログ内検索

    最新記事

    WEEKLY RANKING

    最新コメント

    最新のトラックバック

    カテゴリー別

    過去の記事

    春夏秋冬タイトル

    早速『街場の教育論』の読者ハガキいただきました!
    17日発売の『街場の教育論』の読者ハガキ第一号が届きました!

    「“教師”内田樹の論の展開に共感し、
     あちらこちらに付箋がつけられました」

    61歳男性の教員の方からのお便りでした。
    どうもありがとうございます!!

    この本は、学校の現場で頑張っていらっしゃる先生方には
    絶対!読んでいただきたい本だったので、すごく嬉しいです音符
    教育に関して悲観的な意見も多い昨今ですが、
    この本は、読むと元気になれるのです肉

    みなさんも近くに悩める先生のお知り合いの方がいましたら
    ぜひ『街場の教育論』を勧めてあげてみてください。
    今まであまり論じられていない切り口からの教育論です。

    この本を読んだ先生が元気になって
    たくさんの子どもたちに先生の笑顔が伝わりますように星


    はやし

    仕掛け屋日記::林編 | 08:12 PM | comments (0) | trackback (0) |
    最近グッときた本 (林)
    最近できたブックファースト新宿店で、
    とっても興味深い本に出会いました。
    その名も『π』(暗黒通信団)



    パイ。そう、あのπです。

    で、中身ですが



    まさにπ。円周率。のみ。
    何年か前に円周率を「3」として小学生に計算させていましたね。
    もうこの際、7桁とか挑戦してみてもいいのかもしれません。

    ちなみに私は10桁まで覚えました。
    何かに役立つと信じています

    仕掛け屋日記::林編 | 05:56 PM | comments (0) | trackback (0) |
    待望の新刊 (林)
    林です。

    ミシマ社の社運を賭けた『街場の教育論』が、
    17日、ついに発売となりました。

    仕掛け屋としての腕の見せどころです。
    今回はテスト用紙に見立て、内容の面白さを
    「100点」と点数で表現したパネルにしてみました。



    自宅でペタペタとパネル製作作業をしていたところ、
    父親に「『ウチダタツル』って聞かないなー」と言われ
    身内に敵がいた!とばかりに本の面白さを3時間熱弁(実話)。

    彼の持論と合わないところがあるらしく、
    最終的に「ウチダって人はよくわかってるのかなぁ」という結論に至っていました。

    どんな立場なのだ、父よ。

    正しいとか正しくないといった視点でなく
    「こういう視点もあるんだ!」
    といった心持ちで読んでいただきたい一冊です。

    ちなみにいつも書籍に挟んである「ミシマ社通信」が
    『街場の教育論』から林製作バージョンとなっております。
    ぜひとも、チェックしてみてください花

    仕掛け屋日記::林編 | 05:39 PM | comments (0) | trackback (0) |

  • ページのトップへ