自由が丘のほがらかな出版社

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
«前月 2009年04月 次月»

ブログ内検索

最新記事

WEEKLY RANKING

最新コメント

最新のトラックバック

カテゴリー別

過去の記事

春夏秋冬タイトル

雨の中、ありがとうございました。
昨日は千駄木での『出張ミシマ社』当日。
あいにくの雨で、お客さんは大丈夫かな、
来ていただけるかなぁと、少し心配でした。
本当に寒かったですし・・・

でも、始まってみたら、ぞくぞくと色々な世代のお客様に
お集まりいただきました。

ワークショップ、ご参加いただいた皆様、
本当にありがとうございました!!
わたしたちも本当に楽しくて、
あの場で初めて出逢った人たちが、
時間を追うごとにチームになって行くのが嬉しかったです。

昨日一日で、
編集から営業から本屋さんへの仕掛けから、
そしてスープデザインの尾原さんに装丁まで
構想していただいて、一冊の本を作るという
流れを再現してみたのですが、いかがでしたか。

真剣に、集中して、力を合わせると、
一人では行けない遠くまで行ける。

一緒の時間を一緒の想いで作業して、
作家さんたちの作品を、読者の方に
喜んでいただける形でお届けするということ。
幸せなお仕事だとあらためて思います。

ありがとうございました。
わたしたちも、
ホッホー!!ナルホド!!
という発見や驚きばかり、色々と教えていただきました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

大事なことって、なんだっけ?
そういうシンプルなことを改めて感じた一日。
昨日を力に、またミシマ社みんなで
頑張ろうと思います。
まずは心からのお礼までハート

家茶ノ間のカトウさん。
チャノマのマーク、大好きです。
何か、ミシマの兄弟みたいだと思いました。
本当に温かく見守っていただき、
色々とご協力いただき、
ありがとうございました。

マスダさん、優しく色々とお心遣いいただき、
ありがとうございました。
お家に帰ったときのように、ほっこりした気持ちになりました。

また個人的にお邪魔してしまいそうです。
興味深い絶版本もたくさんあったし・・・。

家なんだろうあやしげさん、
一日ありがとうございました。
最後の最後まで、引っ張っていただきました!
また面白いお話聞かせていただけることを
楽しみにしております。

家Nさん、ありがとうー!
ご近所とはいえ、お休みの日にお越しいただけて、
会えてみんな大喜びでした。
いいところですね、あの辺りは本当に!! 

仕掛け屋日記::木村編 | 08:07 AM | comments (2) | trackback (0) |
明日は『出張ミシマ社』です
こんばんは。
明日はついに、千駄木にある『茶ノ間』さんにて
いつものミシマ社を再現する『出張ミシマ社』です。
予報はお天気崩れそうとのことですが、お時間ある方は
是非お越しください。
時間は11時から18時までの間です。

ワークショップはおかげさまでご予約がいっぱいなのですが、
ワークショップの間も一階ではミシマ社の書籍を出張販売しておりますので、
宜しければ是非お立ち寄りください。

ミシマ社メンバーみんなが一所懸命明日の準備をしてくれているのに、
私は家の日だったので、明日のおやつタイムに向け、クッキーを焼きました。
以前、ポップをお手伝いしてくれた稲葉さんが、
ミシマ社クッキーを作ってきてくれて、すごーく可愛かったので、
まねっこしてみました。が・・・・・

チョコレートの文字を書くのが、む、むずかしい。
必死でしたが、なんとか焼きあがった!

ときどき、ミシマさんに紛れてチャノマさんも入れてみました。
味は、味見してくれた人が口々に、
素朴だ・・・・
と言うのです。
そりゃそうなのです。
卵と薄力粉とお砂糖とバターしか使っていないもの・・・。
そんな素朴クッキーをご用意したりして一同でお待ちしておりますので、
是非是非お気軽にどうぞコーヒー

さてある日の林。
同じ仕掛け屋の林は、顔がすごーく小さいのですが。
先日何気なく林の方を見たら、
お手製の大きなおにぎりをぱくところでした。
大きいおにぎり、すごく美味しそう!
あまりに林のその姿が可愛らしかったので、
写真に撮ってしまいましたおにぎり
うふふハート


新しい出会いにワクワクしつつ、
今日は早めに眠らなくてはと思います。
みなさまも、素敵な週末を!

音符ワークショップへお越しの皆様へ
明日は寒いようですので、特に女性のみなさま、
あたたかくしてお越しください。
わたしも分厚い靴下を履いて行きます!

ミシマ社からご連絡 | 07:44 PM | comments (0) | trackback (0) |
メトロとか、TXとか。
昨日今日と、メトロに乗ったり、つくばエクスプレスに乗ったりして、
書店さんへ伺っていました。
電車の線によって、私はすこしずつ思い出があります。
会社へ続く東横線での一番の思い出というか、
びっくりしたのは、自由が丘から渋谷へ移動したときのことでした。
車内にいるときから、見知らぬ青年が、何かこちらに向かって
話しかけているとは思っていましたが、無視。
しかし渋谷駅に着くやいなや、その人に手首を握られ、
何故か一緒に猛ダッシュさせられ。
改札も何故かタイミングよくすり抜け、東急の前で
私はやっとその人の手を振り払ったのでした。
何でだ。
何で恋人のケンカみたいな画になっているのだ・・・。
そんな思い出。
みなさんの電車にまつわる思い出はどんなでしょうか。

さて、今日は快適なつくばエクスプレスに乗って、
守谷にあるフタバ図書さんへ。
こちらのお店のAさんに、ミシマ社本のフェアをしていただいていると
聞いて、拝見しに・・・
感激です。
全部に手作りポップがついています。
チューリップ内田先生の『街場の教育論』ポップ


チューリップ矢野先生、長谷川先生の『仕事で遊ぶナンバ術』ポップ


チューリップミシマ社の紹介をしていただいています。

このポップにあるように、WBSで弊社が取材を受けた際、
営業渡邉がお邪魔したのは、フタバ図書の南砂町店でした。
芝さん、ありがとうございました!!
そのときの映像がこちらから見ることが出来るようです。

http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/2009/04/o1-104.html
チューリップフェアの全体像。パネルも手作り!


カウンター前のメチャメチャ目立つところにご展開いただいております。
お近くのかた、是非フタバ図書さんへ!!
うれしかったのは、もうじき発刊となります、松本先生の
『海岸線の歴史』を、詳しい情報をプリントして一緒に貼っていただいて、
ご予約受付中!
とまで書いていただいていたこと・・・・
愛を感じます。
Aさん、本当にいつもありがとうございますlove
いやぁ、書店さんへ伺うたび、色々な発見があります。

今回は、水村美苗さんの素晴らしい本
『日本語が亡びるとき』(筑摩書房)を中心に、『本格小説』上・下(新潮文庫)、
白川静『漢字百話』(中公新書)などがまとまっていて、
実に興味深い棚が作られていました。
また伺うのが楽しみです!



仕掛け屋日記::木村編 | 10:02 PM | comments (6) | trackback (0) |

ページのトップへ