自由が丘のほがらかな出版社

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
«前月 2009年10月 次月»

ブログ内検索

最新記事

WEEKLY RANKING

最新コメント

最新のトラックバック

カテゴリー別

過去の記事

春夏秋冬タイトル

しがみつかない書き方!?
みなさんこんばんは!!

営業窪田が仕掛け屋木村に人生相談をしているミシマ社屋からこんばんは。
なにやら濃密な時間が過ぎている風です。

さて今回は、ブックファースト新宿店で行われているフェアのお知らせです。



「チリも減らせば軽くなる?! ~書いて心のデトックス」
と題し、『文章は写経のように書くのがいい』をメインにしていただき展開中です!

ありがとうございます。



棚では『しがみつかない生き方』とともに展開中です。
『文章は写経のように書くのがいい』のニュー帯には
「しがみつかない書き方」とのキャッチフレーズが!!

新しい視点星
なるほど、そんな言葉でも説明できるんだなぁ・・・と
わたくしも再発見いたしました。

ブックファースト新宿店でのフェアは11月下旬までの予定だそうです。
お近くにいらっしゃる方はぜひ、お立ち寄りくださいませ★


はやし

仕掛け屋日記 | 09:22 PM | comments (0) | trackback (0) |
南越谷の旭屋書店さん
きょうは南越谷の旭屋書店さんへお邪魔してきました。
改装して白くて眩しい、ぴかぴかの本屋さんになっていて、
ほんとうにびっくり!!

いつもお客さんがずいぶん並ばれている印象の本屋さんなのですが、
以前より益々若い女性のお客様が増えた気がします。
雑誌も書籍も見やすく、通路も以前より広い印象で、
何より店員さんたちが笑顔で素敵でした。
お近くにお越しのさいは、こちらのお店もぜひ!!
驚きすぎて写真を撮ってくるのを失念。
また伺ったときに撮らせていただこうと思います。

『超訳古事記』を担当してくださるIさんとはじめてのご挨拶。
雰囲気も声も可愛い書店員さんです。
またきょうも新しい出会いがあり、幸せです。

花本日のおまけ、ふたたび。
我が家のお向かいさんは本当にお花を育てる達人で、
いつも色々と教えていただきます。
きょうも家を出るときに、お庭のお手入れをされていて
「野に咲く花も、ちょっと台所に飾ったりすると可愛いものよ」
と教えていただきました。
「そうなんですか…うまく飾れるかなぁ」
などと言ってわたしは出かけました。
帰宅したら…
可愛い野の花たちが、我が家の玄関にちょこんと飾ってありました。
やーさーしー!!!早速台所に飾りました。
可愛いし感激してしまったので、写真をご紹介してしまいます。

アメジストセージ、イヌタデ、エゾノコンギク、ねこじゃらしでした!

仕掛け屋日記::木村編 | 06:44 PM | comments (0) | trackback (0) |
山陽堂書店さんのこと
こんにちは。
きょうも良いお天気ですね。

きのうの朝に紅茶を飲んでから向かった先は、
青山の交差点にある、山陽堂書店さんでした。
ご家族でひらかれている本屋さんです。


ちょっとの間、お話させていただいただけでも、
常連とみられる美しい女性や、むかしからのお付き合いのある
問屋のおじいちゃま、仕事中ふらりとたちどまるサラリーマンの方々
さまざまな人が出入りされます。

お店の中には、優しい笑顔のご家族。
きっといままでもずっとそうで、これかもずっとそうなんだろうと思います。
山陽堂書店さんの佇まいをじっと眺めていると、
お店とは、つくづく人をあらわすのだなぁと思えます。

青山の交差点の、谷内六郎さんの壁画が目印の山陽堂書店さん。
宮崎駿さんの映画に出てきそうな、
お店に入ると時空を超える扉がひらくのではないかというつくりで、
しんとした優しい気持ちになります。

いままでと変わらない気持ちをもちつつ、前を見ている山陽堂さんに
学ぶべきことをたくさん、元気をたくさんいただいて、
いよいよミシマ社本が、並べられました。


お近くにお越しのさいは、お立ち寄りいただけたら嬉しいです。
どうぞ、どうぞ宜しくお願い致します。

おまけ
青山の交差点の、谷内六郎さんの壁画の横に、
ミシマーク!!営業ワタナベのポーズ、どうなんでしょうか。
『じみち日記』もあわせてご覧ください。


ミシマ社のお庭でとれた柿。
ご近所さんと、経理アキコ氏の連携プレーで収穫。
ご近所さんはおばあちゃま(失礼かしら)なのですが、とってもお元気でチャーミング。
みんなが大好きな方です。

結構重い柿の収穫を、高枝切りバサミを持ってきて、
「こういうのが楽しいのよ!」と、嬉々としてやっていただけたのだとか。

甘くておいしい柿でした。
秋の実り、ごちそうさまです。

仕掛け屋日記::木村編 | 12:43 PM | comments (0) | trackback (0) |

ページのトップへ