自由が丘のほがらかな出版社
  • カレンダー

            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  
    «前月 2012年11月 次月»

    ブログ内検索

    最新記事

    WEEKLY RANKING

    最新コメント

    最新のトラックバック

    カテゴリー別

    過去の記事

    春夏秋冬タイトル

    こんにちは。
    関東も日差しはあるものの、北風ピーピュー、寒い日ですね。
    きょうは読者の方からのお便りを紹介させていただきます。

    『はやくはやくっていわないで』に寄せられたお便りより

    四葉茨城県 69歳 女性
    題名をみただけで強い衝撃を受けました。
    子育ての頃(小学生低学年)長女が
    わたしのお母さんの言葉の前には必ず早くがつきます
    という作文を書いていたこと…ショックの上に、
    こどもは親の言動をよく見て聞いているのだと
    自分自身には気が付いていなかったことが
    今さらの反省です。
    何に焦っていたのか…?

    四葉東京都 48歳 女性
    小6の息子は少しだけ発達におくれがあります。
    「少しだけ」なので「少しだけ」がんばれば
    普通にできるのではと思い
    (普通って何?と今は思いますが)
    いつもがんばらせていました。
    この絵本の船が息子の姿に見えて、
    涙がボロボロ出てしまいました。
    待っていてあげようと思いました。
    忘れないように時々この本を見ようと思いました。

    四葉京都府 34歳 女性
    赤ちゃんが生まれてひどい赤ちゃん返りをしている
    お兄ちゃん。
    ママはつい
    「早く!グズグズしない!」
    と叱ってしまいます、
    こどもたちの寝顔を見るたび、
    後悔と反省を繰り返しています。
    お兄ちゃんの気持ちを代弁しているかのような
    この絵本。
    プレゼントしたら大喜び!
    毎日、何度も「読んで!」とおねだりします。
    この話を読んだ後は、こどももママも素直になれます。
    この作品に出会えて本当に良かった。


    どのお葉書にも、そうだなぁ、ほんとうにそうだなぁ!
    と頷かされます。
    公共の場所ではいつ騒ぎ出すか冷や冷やさせられるうえに、
    ゆった~りとしたこども時間にまいにちつきあっていると、
    どうしてもおとな時間に合わせてほしい…と、
    無意識で、早くしなさい!と言ってしまいがち。
    ついついせかしてしまうことってあります。
    けれどもこどもはこどもでまいにち一所懸命
    いろいろなことを学んでいるのですよね。

    わたしたちもこどもだったころ、
    きっと両親や周りのおとなが待っていてくれたのだと
    思うとき、やはりこどもには、なるべくこども時間で
    それぞれのスピードで、のびやかに生きてほしいと
    思います。

    益田ミリさんと平澤一平さんのすてきなすてきな絵本、
    クリスマスの贈り物にいかがでしょうか。

    さて11月ももうすぐおしまい。
    11月にお誕生日だった方、
    お誕生月おめでとうございますケーキ





    読者様より | 03:09 PM | comments (0) | trackback (0) |

  • ページのトップへ