自由が丘のほがらかな出版社

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
«前月 2019年08月 次月»

ブログ内検索

最新記事

最新コメント

最新のトラックバック

カテゴリー別

過去の記事

じみち日記タイトル

『善き書店員』出版記念「木村俊介さん×三島邦弘」トークイベント開催決定!【11月23日(土) @本の学校今井ブックセンター】
木村俊介さんの最新刊『善き書店員』の出版を記念して、
著者・木村俊介さんとミシマ社代表・三島邦弘の対談イベント開催します!

     

木村俊介×三島邦弘 ~「働く」と格闘するすべての人へ~

“インタビュー界のイチロー”・木村俊介さんと、
“行きがかりじょう編集者”・三島邦弘(ミシマ社代表)
によるスペシャルトークイベントです!!

■日時:
 2013年11月23日(土) 14:30~16:00(開場14:00)
■会場:
 本の学校今井ブックセンター 1F読書スペース
 (鳥取県米子市新開2-3-10)
■入場無料
■参加方法:
 事前にお電話でお申し込みください。
 本の学校今井ブックセンター TEL 0859-31-5000
■トークイベント後、サイン会を開催致します。
 会場でサイン会対象書籍をご購入の上、ご参加ください。

■書籍情報: 『善き書店員』 木村俊介著
 定価:¥1,890 (2013年11月刊行)
 →詳しくはミシマ社書籍紹介

■木村俊介プロフィール

インタビュアー。1977年東京生まれ。
糸井重里事務所に約7年間在籍し、「ほぼ日刊イトイ新聞」で取材・対談記事の執筆や、同サイトが運営するメールマガジンの編集などに携わる。
その後、フリーのインタビュアーに。
著書に『料理の旅人』(リトルモア)、『物語論』(講談社現代新書)、『仕事の話』(文藝春秋)、『変人――埴谷雄高の肖像』(文春文庫)、聞き書きに『調理場という戦場』(斉須政雄/幻冬舎文庫)、『芸術起業論』(村上隆/幻冬舎)、単行本構成に『海馬』(池谷裕二・糸井重里/新潮文庫)、『ピーコ伝』(ピーコ/文春文庫PLUS)、『イチロー262のメッセージ』シリーズ(ぴあ)など。ミシマ社の単行本構成に『やる気! 攻略本』(金井壽宏)、『脱「ひとり勝ち」文明論』(清水浩)がある。最新刊は『善き書店員』(ミシマ社)。

■三島邦弘プロフィール

ミシマ社代表。1975年京都生まれ。
1999年京都大学文学部卒業後、出版社に入社。
単行本の編集者となる。2003年退社後、東欧などを旅する。
同年10月、別の出版社で編集活動を再開。
2006年10月株式会社ミシマ社を単身設立。
「原点回帰」の出版社を標榜し、編集・営業・仕掛け屋などチームの枠を超え、「出版は全身運動である」という思いのもと、日々、奔走中。
益田ミリ『ほしいものはなんですか?』、内田樹『街場の教育論』『街場の文体論』、平川克美『小商いのすすめ』、万城目学『ザ・万字固め』などの話題作のほか、白川密成『ボクは坊さん。』、近藤雄生『遊牧夫婦』など若い書き手の本も積極的に手掛けている。
著書に『計画と無計画のあいだ』(河出書房新社)。


会場の〈本の学校〉さんでは、イベントに合わせて
「ミシマ社まるごとフェア」も実施中です!!
みなさまぜひぜひ足をお運びくださいませ!!

営業日記 | 08:13 PM | comments (x) | trackback (0) |
http://www.mishimasha.com/jimichi/blog/tb.php/301

ページのトップへ