自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

<彼女>の撮り方

<彼女>の撮り方

青山裕企(著)

1700円+税

判型:46判並製変型
頁数:224ページ
装丁:尾原史和・川田涼(SOUP DESIGN)
発刊:2012年11月21日
ISBN:978-4-903908-39-7 C0072

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

妄想男子に吉報! 男子心を知りたい女子に朗報!

18歳~27歳:「ストーカー的青春時代」 28歳~現在 :吉高由里子や街の美少女など「美人を最短距離で撮る日々」 青山裕企に何が起きたか?

一目惚れし、8年間ストーカー的片思いをした〈彼女〉との対談もなぜか収録!

まるでモテなかった高校時代、一目惚れした子を追いかけ続けた(ほぼ妄想の世界を生きていた)大学時代… それをいかにして克服し、逆手にとって武器として仕事をしているか、書いていこうと思います。 ――著者

著者情報

青山裕企(あおやま・ゆうき)

1978年愛知県名古屋市生まれ。写真家。2005年筑波大学卒業。2007年キヤノン写真新世紀優秀賞受賞。

まるでモテなかった高校時代を経て、一目惚れした子を追いかけ続けた大学時代にカメラに出会う。

2010年に『スクールガール・コンプレックス』(イースト・プレス)、『思春期』(ピエ・ブックス)など女子高校生を撮った写真集が大きな話題を呼ぶ。 その後『吉高由里子 UWAKI』(マガジンハウス)、『指原莉乃1stフォトブック「さしこ」』(講談社)などトップ女優・アイドルの写真集を次々に発表。

近著に『ガールズフォトの撮り方』(誠文堂新光社)、『僕は写真の楽しさを全力で伝えたい!』(星海社新書)、『透明人間 再出発』(詩:谷郁雄、ミシマ社)など。

http://yukiao.jp/

目次

プロローグ
プロローグ1
 〈彼女〉に、一目惚れ 18歳の冬
はじめに
 男子諸君へ~女子にモテたければ、カメラを持て!
プロローグ2
 〈彼女〉に、一目惚れ 18歳の冬~20歳の夏

PartⅠ 〈彼女〉を撮りたい
1 思春期の僕と〈彼女〉
2 〈彼女〉に、一目惚れ 20歳の夏~33歳の夏

PartⅡ 〈彼女〉の撮り方
3 〈彼女〉への目線
4 有名な〈彼女〉の撮り方

PartⅢ 撮られたい〈彼女〉
5 遠距離兄妹 ~大人な僕と、子どもな〈彼女〉
6 〈彼女〉のコンプレックス
7 僕と〈彼女〉たち
さよなら、ユースフルデイズ

エピローグ
 生涯の〈彼女〉
おわりに
 女子諸君へ ~結局、僕ら男子は青二才でした
おまけ
 〈彼女〉を撮るなら、このカメラ

同著者の関連本

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •