自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

街場の文体論

街場の文体論

内田樹(著)

1600円+税

刷り:6刷
判型:46判並製
頁数:304ページ
装丁:クラフト・エヴィング商會
発刊:2012年7月15日
ISBN:978-4-903908-36-6 C0095

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

30年におよぶ教師生活の最後の半年、著者が「これだけはわかっておいてほしい」と思うことを全身全霊傾け語った「クリエイティブ・ライティング」14講。
「アナグラム」「エクリチュール」「リーダビリティ」「宛て先」・・・・・・こうしたトピックを有機的に連関づけながら、「生きた言語とは何か」を探る。
「この本がたぶん文学と言語について、まとまったものを書く最後の機会になると思います。そういう気持ちもあって、「言いたいこと」を全部詰め込みました」(あとがきより)
「街場シリーズ」最高傑作、誕生! 

著者情報

内田樹(うちだ・たつる)

1950年東京生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学大学院博士課程中退。神戸女学院大学文学部総合文化学科を2011年3月に退官。専門はフランス現代思想、武道論、教育論、映画論など。
著書に、『街場の現代思想』『街場のアメリカ論』(以上、文春文庫)、『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書・第6回小林秀雄賞受賞)、『日本辺境論』(新 潮新書・2010年新書大賞受賞)、『街場の教育論』『増補版 街場の中国論』(以上、ミシマ社)など多数。
第3回伊丹十三賞受賞。現在、神戸市で武道と哲学のための学塾「凱風館」を主宰している。 

書店員の方々の声

この本の面白さを帯文くらいで人に勧める能力は僕にはありません。降参です。
(紀伊國屋書店梅田本店 百々典孝)

内田本の集大成であることは間違いない。文体論なのに、この混乱した社会情勢をいかに生き延びていくか、というサバイバル論であり、どうしたらうまく他 人と話したり、自分の言いたいことを伝えるのか、のコミュニケーション論でもある。
(ジュンク堂書店池袋本店 森暁子)

講義の熱気と臨場感そのままに、これだけはわかってほしい「ことば」の本質に迫る! 世代を問わず、「ことば」との付き合い方がわかるお薦め本。
(三省堂書店神保町本店 倉田大輔)         

目次

PART1
第1講 言語にとって愛とは何か?
第2講 「言葉の檻」から「鉱脈」へ
第3講 電子書籍と少女マンガリテラシー
第4講 ソシュールとアナグラム
第5講 ストカスティックなプロセス
第6講 世界性と翻訳について
第7講 エクリチュールと文化資本
第8講 エクリチュールと自由
第9講 「宛て先」について
第10講 「生き延びるためのリテラシー」とテクスト
第11講 鏡像と共-身体形成
第12講 意味と身体
第13講 クリシェと転がる檻
第14講 リーダビリティと地下室
あとがき         

同著者の関連本

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •