自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

小田嶋隆のコラム道

小田嶋隆のコラム道

小田嶋隆(著)

1500円+税

刷り:3刷
判型:46判並製
頁数:256ページ
装丁:尾原史和(SOUP DESIGN)
発刊:2012年5月21日
ISBN:978-4-903908-35-9 C0095

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

足掛け5年、ミシマ社ホームページ及び「ミシマガジン」に掲載された人気連載「コラム道」、ついに書籍化。
深遠かつ実用的、抱腹絶倒間違いなし。天才コラムニスト、本業を初めて語る!

「コラムは、道であって、到達点ではない。だから、コラムを制作する者は、方法でなく、態度を身につけなければならない。」
「(コラムの)書き出しに芸はいらないのである。」
「さよう。コラムは、メモとはまったく別の地点に着地することが多い。」
「「乗れている時は読み直すな」というポイントも、実は、「〆切」によってもたらされる」
……書き出し、オチ、文体と主語、裏を見る眼…天才コラムニストによる「超絶!文章術」。

内田樹氏との夢の対談も収録。         

著者情報

小田嶋隆(おだじま・たかし)

1956年東京赤羽生まれ。早稲田大学卒業。
食品メーカー営業マンを経て、テクニカルライターの草分けとなる。
国内では稀有となったコラムニストの一人。著書に『我が心はICにあらず』(光文社文庫)、『人はなぜ学歴にこだわるのか』(知恵の森文庫)、『1984 年のビーンボール』、『サッカーの上の雲』(以上、駒草出版)、『地雷を踏む勇気』(技術評論社)、『その「正義」があぶない。」(日経BP社)、共著に 『9条どうでしょう』(毎日新聞社)、『人生2割がちょうどいい』(講談社)などがある。         

書店員の方々の声

いやいや「面白い」とはこういう文章のことを言うのでしょう。「日光見ずして結構と言うなかれ」のごとく「『コラム道』を読まずして「面白い」と言うなかれ」です。
(三省堂書店営業本部 内田剛)

もし秋元康が『アイドルの作り方』という本を書いたら、インテルの長友が『サイドバック道』という本を書いたら、みんな読むだろう。この『小田嶋隆のコラム道』は、まさにそれ。
(紀伊國屋書店梅田本店 浅山太一)

正しいコラムの書き方指南書、正座して読め!!みたいな本を想像していて押忍!先輩!と正座して読みはじめましたが、なーんだ、おもしろいじゃないですか!先輩!しかもなんかかっこいい。
(ジュンク堂書店仙台ロフト店 佐藤純子)         

目次

PART1
第一回 コラム道に至る隘路
第二回 コラムとは何か
第三回 コラムと枠組み
第四回 会話はコラムの逃げ道か
第五回 モチベーションこそ才能なり
第六回 書き出しについてのあれこれ
第七回 結末、結語、落ち、余韻、着地
第八回 コラムにメモはいらない?
第九回 文体と主語(その1)
第十回 文体と主語(その2)
第十一回 推敲について

PART2
第十二回 すべては要約からはじまる
第十三回 裏を見る眼
第十四回 長さとコラム

特別対談 小田嶋隆×内田樹         

同著者の関連本

    同著者の関連はまだございません

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •