自由が丘の原点回帰の出版社、株式会社ミシマ社

本のご紹介

等身の棋士

等身の棋士

北野新太(著)

1,600円+税

判型:四六判並製
頁数:216ページ
装丁:寄藤文平・鈴木千佳子
発刊:2017年12月16日
ISBN:978-4-909394-01-9 C0095

  • POP情報はこちらから
  • ご購入はこちらから
  •  
  • Amazon
  • 版元ドットコム
  • 紀伊國屋書店
  •         

内容

藤井聡太、加藤一二三、羽生善治――
2017年、彼らがいた。
 

極限の状況で「最善」だけを探る。
高潔な棋士たちの群像を描く、
傑作・将棋ノンフィクション!!

棋士という二文字は「将棋を指す侍」を示している。...一六〇人いる棋士たちは皆、自らが信じた将棋という勝負において光り輝くために戦っている。日夜の研鑽を積み、策略を謀り、勝利という絶対を追い求めている。――本文より

著者情報

北野新太(きたの・あらた)

1980年、石川県生まれ。学習院大学在学時に雑誌『SWITCH』で編集を学び、2002年に報知新聞社入社。以来、記者として編集局勤務。運動第一部読売巨人軍担当などを経て、文化社会部に在籍。2010年より主催棋戦の女流名人戦を担当。2014年、NHK将棋講座テキスト「第63回NHK杯テレビ将棋トーナメント準々決勝 丸山忠久九段 対 三浦弘行九段『疾駆する馬』」で第26回将棋ペンクラブ大賞観戦記部門大賞受賞。著書に『透明の棋士』(ミシマ社)がある。

目次

序 台風下の棋士
Ⅰ 神域へ
Ⅱ 想いの航跡
Ⅲ 途上の夢
Ⅳ 戴冠の時
終 路上の棋士

同著者の関連本

同ジャンルの関連本

コンテンツ一覧

  • ミシマ社の本屋さんショップ
  • ミシマ社公式Twitter
  • 代表三島邦弘のTwitter
  • ミシマ社公式Facebook
  •